さすが朝日新聞27歳記者記憶にない犯行証言

朝日新聞東京本社
写真センターの記者が

新宿区西新宿の
路上に停車したタクシーの中で

63歳の運転手の右ほおを殴り
車内の
運転席と後部座席を隔てる
防護板を蹴った暴行と
器物破損の疑いが
持たれています。

酒に酔っていて
タクシー代金の釣り銭をめぐり
運転手とトラブルになったということです。

「殴ったのは覚えていないが
やったことは間違いないと思う」
とは
不思議な発言ですネ。

最近流行の
解離犯罪をよくご存知だからですかね。

そういう容疑者たちは
記憶にないが
否認してるだけで
やってるのです。

PTSDなのです。

恐れ入りましたニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です