光明皇后発願の写経みつかる

東大寺の大仏の
お膝元から
の二剣が発見され
光明皇后が
願掛けのために
持ち出したようだと
10月26日に
伝えられたばかりですが
奈良時代の仏教を研究し
昨年死去した
井上薫名誉教授の遺品から
見つかり
大阪大学に
寄贈されていたものも
PTSD研究家翠雨の日記
光明皇后の発願で始まった
写経の一部と分かりました。
右が経文、左が願文です。
やはり願掛けですね。
貧しい人たちのために
悲田院を作ったり
薬物研究をしたりした
慈悲の方で
唯識の寺にも
関係があったようですが
華厳的なお名前と生き方の方でも
ありますね。
道元の【発菩提心】を
想いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です