PTSD時代のカナリア海老蔵の示談「挑発」の代償と非暴力

示談は
訴訟の
回避や中断のためにするものですが
ここは
無意識的意味で
談を示す」ということで
  ―対話が哲学の基本
  しかし暴力禁止
  二元論ではないから
  「無言」「無視」もあり  
  
PTSD研究家翠雨の日記
水面下で
暴力組織と
交渉しているのですね。
とても【象徴】的です。
PTSDの問題は
無意識における
 ―宮崎駿は
  ポニョのパンフレットに
  水面下は無意識のことだって
  書いてますよ合格
暴力被害ですからね。
 ―常識という圧力
そして
解決の鉄則は
【非暴力】
挑発に乗るようではダメと
この事件は
命がけで教えているのです。
非暴力の哲学は高邁で
感情のコントロールスイッチが壊れた
(殺されても当然だと思考が
 支離滅裂になる)
凡人には
一度に理解できないから
まずは
★挑発に乗るな!
 それで連鎖は回避できると
教えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です