人身御供がいじめ自殺を認めさせ始めた

追手門学院大学の
インド人男性が自殺した問題で
大学は非を認めました。
 ―「いじめ自殺認定」ではなく
  「いじめの存在を否定できない」ってのは
  なんかなぁ…と思いますが!
学友から
ズボンを脱がされ
花火を向けられていたとの
証言があり
本人も遺書に
いじめで自殺すると書いているし
翌年父親が後追い自殺していて
これで
大学が
いじめ自殺を否認したら
大学は信用を失い
淘汰されるでしょうね。
高い学費を払って
そんな低俗な思想の大学に
危険を冒してまで
入学する理由なんて
ないですから。
たくさんの死者が
この国を変えてくれています。
人身御供ですねしょぼん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です