どらえもん印の心身一如的【象徴】型食育

昨日は
年越しそばの意味を   ←意味の洪水あせる
教えてくれた
どらえもんですが…
$PTSD研究家翠雨の日記
食事は
神事のようなものです。
毎日
自分への問いかけをしながら
食べるのです。
空腹が癒され
カロリーが十分なだけなら
ペットと変わりません。
 ―逆に
  仮に小食であっても
  健康で満たされる可能性が
  あるのが人間です。
  
ある未治療のヒステリー女性は
「脳では
お砂糖は作れないのよ。
朝からがんばるには
血糖値をあげなきゃ。
朝はやっぱりドーナツでしょ!」
 ―マスコミに煽られて
 死にたいか?
ダメ人間ノビタは
どらえもんの前で
ダメさを正直に
露呈し続け
あこがれの静ちゃんと
結婚できるような
男性になります。   ←自己実現
どらえもんの発想は
七転び八起きの
だるまさん
PTSD研究家翠雨の日記
だるまさんの原形は
達磨大師
PTSD研究家翠雨の日記
昭和天皇が
PTSD予防に引用するほどの
苦学の大家です。
つまり
セルフ(真の自己)の象徴的存在です。
そこから
陰陽五行説が発信されているのが
日本人のこころです。
耳をすませて
身体に聴きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。