大相撲八百長疑惑を指摘する石原慎太郎都知事は『裸の王さま』の子どもか解離人格か

東京都の石原慎太郎知事(78)は
4日の定例会見で
大相撲の八百長疑惑について
「(相撲が)日本の文化の神髄である国技だったら
ちゃんちゃらおかしい」と痛烈批判
作家時代の
1963年9月
「八百長がある」と新聞紙上で指摘し
波紋を呼んだキャリアは
 ―協会から
 名誉毀損で
 告訴され
 後日「誤解があった」などと
 謝罪して
 和解したそうです。
 しかし
 都知事就任後の
 2008年には
 「協会は『一切、八百長はございません』と
 言い切れるだけのアレ(根拠)はあるのかね」と
 発言しています。
凄いです。
『裸の王さま』を指摘する
子どもなのか
場当たり的解離人格なのかあせる
 ―どちらもあるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です