こころのケアで見えてくる安全神話崩壊の最たる場所としての「精神科医療」

安全神話崩壊とか
あちこちで
騒がれてますが
一番恐ろしい場所はどこか
知ってますか?
精神科ですよひらめき電球
うつ病や発達障害の
爆発的増加や
自殺問題の
諸悪の根源は
精神科にあります。
「受診していたら大丈夫」
「薬を飲んでいたら
 大丈夫」
全然大丈夫じゃないです。
危険ですドクロ
よく目を凝らして
真実を見極めてくださいひらめき電球
被災地では
同じような症状を
★震災によって起った
★正常な反応として
★薬物治療でなく
★傾聴するよう
指導されていますよ。
おなかに激痛が走ったからって
ガンが流行っているからって
その腹痛が
ガンである可能性は
相当低いですよね。
なのに
何年も
抗がん剤を服用したら
どうなりますか?
体がもちません。
ふらふらになります。
絶望が深まり
自分で状況が判断できなくなります。
同じようなことが
精神科で起っていますよ。
こころのケアを
新聞やTVや
ネットで学び直し
正しい心理学を見につけましょうね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です