鹿沼市クレーン車事故はてんかんではなくPTSDによって起った事故

幼児期から
てんかんであったことが
わかりました。
 ―本人も認めています。
しかし
起った事故は
未治療PTSDの
解離性場当たり的性格の
ためであると
思います。
★病期の申告や診断書の提出を怠る
★発作を抑える薬を飲むのを忘れる
 ―法律を守ろうとする意思やや
 自制心が欠如しています。
PTSDの治療環境も
同じですが
一生懸命
努力している人の傍らで
いい加減な人がいると
病気のイメージが悪くなりガーン
 ―境界性人格障害という診断名を
 嫌う人が多いですが
 PTSDと言われたくない人も
 相当多くなっています。
 どちらの病も
 よい悪いという本質は
 本来持ち合わせていません。
先人が勝ち取った
信頼も失います。
 ―運転免許は2002年に
 条件つきで認められたのです。
 今回のような事故が増えると
 てんかんの人は
 免許が取れなくなるでしょう。
てんかん発作の
薬物コントロールのほかに
PTSD治療が必要だと
思いますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です