リビア子どもへの性的暴行横行多発のPTSD流行不安

子どもたちに
国際援助を行う
非政府組織(NGO)
セーブ・ザ・チルドレンは
カダフィ政権軍と
反体制派の戦闘が続くリビアで
10歳未満の少女を含む
子どもたちが
性的暴行を受けている実態を
明らかにしました。
 ―6カ所の避難民キャンプで
 約300人の子どもらを対象に
 聞き取り調査を実施。
事実は確認できていないとしながらも
「キャンプで聞く話は
非常によく似ている。
そのため
事実だと確信している」と
述べました。
暴力の対象は
子どもだけでなく大人にも及んでおり
複数の子どもが
自分たちが暴行される前に
父親が殺害され
母親が性的暴行を受けるのを目撃したと
話しているようです。
これは
大変な心的外傷体験です。
言葉がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です