放射性セシウム不安煽り注意報

南相馬市の農家が出荷した
肉用牛から
放射性セシウムが検出された問題で
同じ飼料を与えていた
別の6頭の加工肉の一部が
兵庫県姫路市にも
流通していましたが
 ―牛肉の流通先は12都道府県
消費者には
売られていません。
わかれば
 ―速く発見するようにしなければ
 なりません。
除去し
流通をチェックしなおせばよい話です。
信用も再確認です。
今朝食べた
パンは10年後も
そのまま体内にありますか?
目には見えないけど
身体は必死で
分解作業をしてくれているのです。
それでも残るものは
デトックス
 ―最近そういう本が
 見直されています。
 原爆のときにも
 見直された考え方です。
ましてや
PTSD不安を
過剰に煽るのは
間違っています。
 ―こころのケア
 第一原則です。
 こういうのがわからないなら
 治療なんて無理です。
トラウマだって
日々異熟するのですよ。
危機のときに
煽られるばかりなら
草も同じ
これまでを見直すことが
できるのが
考える葦でしょう。
安全を感じるまで
お肉を食べなくても
死なないですよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。