もやもや病遺伝子はPTSDでもやもや病になる

関連遺伝子が見つかったそうで
 ―京大&京産大などの
 国際研究グループ
ミステリンと名づけられました。
脳に血液を送る
血管がつまる難病だそうで
 ―ストレスは
 いろんな身体的不全を起こします。
 血管を壊すことや
 気絶させることも
 できるのですからひらめき電球
 うろつきまわる悪魔と
 インドでは言います。
 悪魔はリラックスが嫌いです。
日本では
一万人に一人
おられるそうです。
よくわかりませんが
 ―と言いながら
 いろいろ書きましたがあせる
興味深いのは
★ミステリン
ミステリー見捨てりん
連想します。
 ―拡充法と言います。
 言葉遊びしてるのでは
 ありません。
 ま、面白いけどあせる
PTSDは見捨てられっ子です。
★環境が発病を後押しする。
遺伝子に異変があっても
必ず発病するものではない
そうです。
これまでにも
ウィルス性精神疾患など多数
見つかってますが
同じような話だと思います。
そもそも
意識はもやもやしているんですがひらめき電球
健康なときは気にならないのです。
元気がなくなると
心気症になるのです。
 ―天然瞑想状態
 瞑想したら悪魔が出てきます。
心気症を
うつ病や統合失調症と
間違えると
地獄が待っています。
 ―番人が精神科医
 信奉者が精神科医に上納する場合も
 多し
死んでも文句は言いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。