ゲーテ『ファウスト』はPTSD解離説明書【エリート版】

神にもっとも信頼された
ファウスト博士でさえも
 ―知性も精神も優れています。
  エリートです。
天使に囲まれ
 ―こころをきれいに保つ
よい人間になろうと
努力を続けることが大事で
悪魔に近づくと
 ―悪魔は人を試す。
 詭弁を使って人を試すのを  ←里子の記事参照
 生業とするのは
 PTSDです。
 誰でも堕落するということを
 生涯かけて
 確認せざるを得ないビョウキ 
 例外があると
 自分の存在が危なくなります。
【解離】し
結果的に
悲劇の人生を呼び込むことを
教えています。
あの世での魂の服従を交換条件に
現世であらゆる人生の快楽・悲哀を体験させる

ストレスが高いと
快楽を求めがちですが
 ―甘いものを食べるとか
  適度な飲酒で済めばよいですが
  ストレスが高いと
  トンデモないものに手を出します。
そこは地獄の一丁目
以後は生きたシカバネ
 ―人魚姫は王子に会いたくて
 魔女と取引き
 毒薬で足を手に入れますが
 声を失い
 絶望して海の泡になりました。
 精神科医と取引した
 PTSD患者さんは
 「うつ病である」ことを認め  ←魂の服従
 苦しくても薬を飲み続け
悲哀を感じだした時には
地獄のど真ん中        
神に信頼されるほどの人でも
場当たり的に
悪魔のような振る舞いをして
無反省です。
 ―素朴な街娘と恋をし
 身ごもらせ
 あい引きの邪魔になるからと
 彼女の母親を毒殺
 彼女の兄と決闘し殺害
 彼女を赤子殺しの罪に貶め…
そのうち
人造人間や悪魔と付き合うようになり 
 ―人間のこころを失くした段階
結婚しても
息子は死んでしまうし
 ―親の否認したトラウマを背負わされます。
 スサノヲや愛子さまタイプ
憂いによって失明
 ―自分にもヒステリー反応
自分の墓穴を悪魔たちが掘る音を
民衆のたゆまぬ鋤鍬の音だと勘違いしながら
 ―妄想
死んでゆきます。
完璧解離説明書でしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。