大阪PTSD解離性バラバラ缶詰殺人事件と重酒石酸コリンの象徴性

犯人が特定されましたが
やはり
PTSD解離犯罪でした。
★家族を
★殺害し
★バラバラ切断
 ―とくに【解離】してないと
 このハードルは越せない。
★身近なものを使ってパック
 ―隠蔽しようという意識が希薄
★ご近所にばら撒く
たまたま勤めていた会社が
製薬会社だったのでしょうが
 ―ヘルニアでやめたみたいですね。
 製薬会社の体質に対しての
 怒りが抑圧され腰痛になったのかも ←よくあります!
 しれません。
 デパスなんか飲んでないでしょうね。
 (地獄の一丁目です)
密封容器は
他にもあるのに
無意識がこれを選んだんですよね。
書かれていた薬品名は
時代を象徴するようなものです。
あまり流通していないそうですが
添加剤の一種で
抗うつ作用
肝機能の向上などの効果があるとされる
物質で
 ―肝機能が落ちるとウツになり
 (なんせキモですから!)
 抗うつ薬でさらに
 肝臓をやられるのは
 東洋医学の常識です。
 流通してほしくない薬です。
肝不全などの症状に対して
用いられるそうです。
アセチルコリンと呼ばれる
神経伝達物質を生成する
前段階の物質
(前駆体)です。
 ―精神科の薬の説明で
 よく耳にしますね。
集合的無意識は
おもしろいなぁと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。