被災地こころのケアにこころのケアが必要

東日本大震災の被災地である
岩手県陸前高田市で
がれき撤去などを支援する
 ―直接カウンセリングをするわけでは
 ありませんが
 大勢の人が支援することは
 こころのケアの一環です。
福井県の学生ボランティアを運んだ
京福バス(福井市)の
40代の男性運転手は
宿泊先の女風呂をのぞいたとして
岩手県警に
厳重注意処分を受けていました。
 ―善意で
 被災地に行っているのに
 ショックを受けたと
 思います。
 
社内規定に違反し
宿泊中に飲酒した運転手も
懲戒免職になりました。
こころのケアをするには
 ―たいていの医療行為も
 そうだと思いますが
普通より
強い自我の力が必要なのに
 
トレーニングや訓練もなしに
こころのケアのチームに関わることが
多いようなので
ストレスにより
【解離】行動をとる人が
出てくるのでしょう。
やはり
日ごろからの
PTSD教育が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。