自殺願望からライブハウスにガソリンをまいたPTSD解離男性

東京都渋谷区の
ライブハウスに
8月31日夜
ガソリンがまかれた事件で
殺人未遂容疑などで
現行犯逮捕された
無職男性(23)は
「誰でも良かった。
死刑になりたかった」
 ―自殺願望が基本です。
 道連れとしての
 無差別殺人ですね。
「最低でも2人以上殺そうと思った。
うまくいけば
大阪でもやろうと思った」と
供述しているそうです。
 ―死刑になるための
 計算は的確です。
うつ病ではこんなエネルギーはないし
そううつでも難しいでしょう。
発達障害の子が
こんなことをした例は
知りません。
やはりPTSDなのだろうと思います。
解離しないと
 ―良心や常識
 倫理観を自我から切り離す
こんな恐ろしいことは
できないですね。
何か辛いことがあったのでしょう。
それを傾聴して
共感してくれる人がいれば
こういうことにはならないと
思います。
こころのケア
(PTSD予防)と
PTSD教育がないと
本当にアブナイ段階に来ています。
怖くないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。