加護亜依さんに学ぶ精神科治療薬の怖さとPTSD

精神科医のブログは
事実をコピペして
おしまい。
 ―診療スタイルそのものひらめき電球
こころある薬剤師さんは
「精神科の薬さえ飲まなければ
自殺行為はなかったと思う」
 ―上原美優さんもそうでした。
 既遂してしまいました。
辛くても
はちゃめちゃなことしながらでも
保っている
(みんなそうですよね)
生きる気力を殺ぐそうです。
 ―気の病ですからね。
  気がふれたり
  気が狂ったり
  しかし
  元気を取り戻す方法は
  あるのです。
根本から
根絶やしにするわけです。
$PTSD研究家翠雨の日記
鼠は根住み
ドイツ精神医学で
うつ病か躁うつ病にして
鼠取り業者みたいに
大量の薬で一掃します。
 ―そういえば
 治験は鼠から?
$PTSD研究家翠雨の日記
ファン周辺の若者は
なかなか客観的です。
こうして写真を示しながら
 ―迷いましたが
 これを見たら
 若い女性は
 精神科クリニックに
 行かなくなるでしょうから
 貢献してもらいました。
★薬害じゃないか
 ―直観が鋭いです。
★老けるのが早過ぎる
 ―抗精神病薬は
 人を異様に老けさせます。
 脳や内臓に起こっていることを
 ちょっと想像すると
 解かるでしょう。
★衣装のセンスがおかしい
 ―【解離】してるからですね。
 得意分野がおかしくなります。
 社交的な雅子さまは
 ご公務ができません。
 
★重症患者レベルだ
 ―メンヘラだという声は多く
 自称メンヘラ男性は
 こう証言しています。
 いまどきの重症はこの程度なのです。
 水商売にも多いという指摘は
 なかなかです。
★タバコだけじゃこうはならない
★親はどうしてるんだ?
 ―心理療法の視点です。
  なんか親の影薄すぎですよね。
病院に行くより
よく観察してもらってますし
病の理解はできてます。
 ―苦しみの理解があれば
  よいのですが
  ネットでそれは高望みでしょう。
薬を出しようがないのも
いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。