19歳時恋人バラバラ殺人の28歳PTSD解離女性アフリカから帰国の心理

2003年から
リーダー格の男性2人と
南アフリカに逃げ
国際手配されていた叫び
当時19歳の女(28)が
逮捕されました。
交際していた男性(当時26)が
飲食店をやめるとき
店側とトラブルになり
リーダー格の男性らに
仲介を頼んだようですが
 ―他にも殺人事件を起している
 アブナイ人たちです。
報酬をめぐってトラブルになり
 ―よくあることですね。
女も一緒に監禁され
そこで殺害を
指示されたそうです叫び
19歳で突然
交際相手を殺害させられ
犯罪者にさせられてしまったわけです。
$PTSD研究家翠雨の日記
後から
上から目線で
何とでも言えますが
魔境に入り込んでしまったんですね。
 ―オウム事件や
 連合赤軍の事件と
 なんか似てます。
後は
自分の意思なのか
させられているのか
解からない人生ですね。
しかし
人間には
良心というものがありますから
ふと思うことがあったのでしょう。
知人を通じて
日本に戻りたいとの意向を示して
南アフリカから帰国し
逮捕されたのですが
「違います」と否認
そりゃ混乱してるでしょうね。
こんな理不尽な人生ですから。
しかし
これを納得できるように
記憶にとどめなければ
重症PTSDは治癒しないのです。
犯罪者はPTSDです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。