精神障害を理由にネットカフェ入店拒否された男性当然提訴

素人下流小説家   ☚謙虚な方です。
統合失調症
無職青年さんから
お叱りを受けまして
書いてますあせる
 ―見落としてました。
 ごめんなさい。
精神障害を理由に
入店を拒否したのは
違憲、違法として
東京都国分寺市に住む
統合失調症の男性(42)が
インターネットカフェを運営する会社と
代表者に計200万円の損害賠償を求め
東京地裁に提訴しました。
 ―男性の弁護士は       ☚頼りになる存在
 精神障害が理由の入店拒否で
 提訴するのは
 初めてのケースと
 説明しています。
男性は
2010年1月に
近所の店で会員登録
15回程度利用していたのですが
3月23日に
店を出て帰宅後
精神障害者保健福祉手帳がないことに気付き
店に電話で問い合わせました。
手帳は
自分のかばんから見つかったのですが
翌日以降
入店を拒まれたそうです。
店側は
過去に別の障害者による無銭飲食があり
それ以来
障害者の利用は断っている」と
説明したそうです。
精神障害にも
いろいろあり
程度もさまざま
大事なのは
治療中かどうか
どういう治療を受けているか
現在の人柄がどうかです。
 ―みみタンみたいなのは
 出入り禁止ですよ。
 当たり前でしょ?
 セラピストじゃないんだから
 マナーを守ってもらいます。
一律に
拒否するのは
人権問題だと思います。
診断名がないだけの
重症精神病患者は
世の中にあふれています。
今の世の中
一生のうち一度も
こころの不調を起こさないのは
至難の業
手帳だけで
こういう扱いをするなら
 ―親に無理やり取らされた子も   ☚でっちあげ発達障害
 精神科医に無理に取らされた大人も  ☚でっちあげうつ病
 大勢います。
国が滅びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です