PTSD否認のでっち上げうつ病では安楽死できないことがわかればいい

精神科が怖いとか
薬は劇薬で
恐ろしいというのは
ほとんどの人が
わかっているそうです。
 ―やっぱりねー。
 エイリアンみたいな人は
 あまりいないようです。
医者が試行錯誤してるのも
お見通しで
幸せになった人がいないのも
納得の上のこと。
ただただ苦しいから
仕方がない。
 ―薬を飲む前の苦しみは
 耐えられたと思いますが
 (昔はみんな耐えた。
  一部麻薬に走る人もいましたが。
  冷房のない時代には
  うちわでも不幸ではなかった。
  原発維持を消極的支持する
  民意も同じ心理)
 薬害からの脱出はキビシイ
安楽死の自由と
捉えているようです。
 ―末期ガンと一緒ですね。
  緩和治療にも
 抗うつ剤を使うそうですし。  ☚昨日の記事
医療にかからねば
がんでも
短期で痛みも少なく
死ねるそうですし
ものすごい痛みには
天然の緩和剤が
脳から処方されます。
 ―気絶させたり
それに対して
薬を常用していた人が
安楽死できないことや
数は少ないかもしれませんが
事件化し
 ―自殺のお葬式もそうですが
家族や知人が
悲しむことがわかれば
 ―祇園で暴走死した容疑者遺族は
 「秋葉原とは違う」と思いたかったけど  ☚失礼千万
 そうじゃないと気づき
 苦しんでます。
 
考え直してくれるのでは
ないかと思います。
$PTSD研究家翠雨の日記
それで
最近は
こういう本も増えてるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です