関越高速ツアーバス事故運転手の語る『コクリコ坂から』的PTSD問題

逮捕された運転手(43)は
「事故直前に意識がなくなった」と  
話したそうです。
 ―みんな
 解離事件の争点である
 意識について
 証言し始めています。
中国出身で
中国人向けのバスツアーを手配し
自分のバスを使って
運行していたようですが
 ―この時期に
 こういうことがあるのは
 象徴的です。
まさに【如人千尺懸崖上樹】 ☚ポニョ
解答は風鈴頌
 ―東西の歴史の風に
 風鈴のように吹かれて
 感じながら
 考える。
PTSD研究家翠雨の日記西から来たアグネス
ひなげしはコクリコ
東西の問題です。
 ―日本人の無意識は
 中国コンプレックスで
 できています。
PTSD研究家翠雨の日記
 
集合的無意識にある
象徴を中心に
 ―1つの見方をしないほうがいいと
 九大馬鹿准教授は言ったが
 
いろんな現象を考え直さねば
ユングもお釈迦さまも知らないような
新しい問題が次々生まれているのに
太刀打ちできません。
 ―原理を掴めば
 応用が効きます。
 小手先のものは    ☚SSRI
 小手先にしか
 効きません。
そのバスが
事故の前に
故障し
修理のため3日間休みを取っていたとは
不思議ですね。
ユングの共時性でしょう。
3日の間に
いろいろ考える必要があったのを
無視してしまったのが
問題でしょう。
 ―雇われ方も
 自営の部分も
 違法営業スレスレ
 今の日本の象徴ですね。
昨年だったかな?
床下に不法在留中国人が
発見されたのも思い出します。
 ―アリエッティみたいです。
現実と非現実は
微妙にリンクしています。
それが架空というものでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です