「いじめ対策プラン」臨床心理士主導はいいけどPTSD研修させましょう

いじめ問題が
ますます泥沼化してますから
 ―知らんぷりできなくなった。
現場では
対策プランを
考え始めたようです。
 ―本当に後手後手ですね。
まずは
状況把握ということで
小さなことでも
 ―消しゴムとられたとか
 からかわれたとか
報告してもらい
情報を学校中で
何年間も共有するシステムを
つくったりするそうです。
精神科医という言葉が
入っていないのには
ほっとします。
 ―何でもかんでも
 精神科医が呼ばれてましたね。
現場では教職員
相談業務では
臨床心理士が期待されているようですが
$翠雨PTSD予防&治療研究所
学校に適応しにい子たちを見て
発達障害と勘違いし
精神科送りにするのではなく
 ―二重の間違いで
 かなり狂った発想
いじめで
PTSD発症して
 ―家庭も機能不全家族で
  孤立無援なのだと
いろんなことが
できなくなっているのかもという
目を養ってもらうことが
大事です。
その前に
流行に便乗する
保身を
人間として恥ずかしいと
思うところからですがね。
翠雨PTSD予防&治療研究所
翠雨PTSD予防&治療研究所
このおそろい感
どうです?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です