西宮の老舗旅館も温泉盗撮PTSD問題で提訴されるが、主張は食い違う

大阪府内の
30代の独身女性と50代の母親が
「関西の奥座敷」として知られる
武田尾(たけだお)温泉の
老舗温泉旅館
(兵庫県西宮市)に対し
慰謝料など
約200万円の損害賠償を求め
提訴しています。
入浴後
女湯が廊下から丸見えになっているのに驚いて
苦情を言ったものの
旅館の対応がまずく
宿泊をとりやめたそうですが
その後
胃痛や不眠の症状が出て
病院で
不安抑鬱状態と
診断されたそうです。
 ―薬を出され
 飲んでるなら
 新しい問題が
 進行中です。
代理人弁護士は
「30分もの間
独身女性が
入浴姿をさらされていたことは
多大な精神的苦痛につながる」と
主張しますが
旅館側は
「謝罪など
できる限りの対応はした。  
 ― 一万円引き
女湯が外から見える状況になっていれば
すぐに入浴をやめるはず。
約30分間も気づかないまま
入浴していたというのは考えられない」
争う方針を示しています。
くつろいた状況で
マサカ!と思うような
驚愕を受けると
不眠や胃痛は起こるでしょう。
不誠実な対応である
二次被害で悪化し
親切ごかしの
向精神薬で
さらに悪化の
PTSD三段論法です。
裁判中のストレスも
重層的に効いてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です