人間をネズミ呼ばわりする認知行動療法ではPTSDは治らない

『明日ママ』について
慈恵病院の
蓮田健・産婦人科部長は
憤りながら
「子どもを
イヌ呼ばわりすることなど
現在の施設では起こりえません。
施設の子どもや職員の名誉を
傷つけるものです。
施設には
虐待を受けるなど肉体的にも精神的にも
傷ついた子たちが集まっている。
毎週
繰り返し放送されることで
学校でドラマに出てくるようなあだ名をつけられ
さらに傷つくような事態にならないか心配です」

流行りの認知行動療法は
人間をネズミ扱いするような
 ―クスリと同じで
 実験室で結果が出たら
 人間に応用
方法です。
基本原理は
「アメとムチ」
 ―施設長の「魔王」の原理

意識の部分だけ
上から目線でコントロールする方法で
 ― アルコール依存症や
  摂食障害はたちまち脱落
トラウマがある
無意識のコンプレックスは
そのままです。
 ―臭いものにはフタ式だから
 『明日ママ』にもフタとなる。
ドラマは
ドキュメンタリーじゃないんだし
 ―海を探せば
 ポニョが捕獲できるのか?
子どもが
ドラマのマネして
次の日友だちを
「お前ポストか?」と言うなら
ADHD的
アスぺ的
 ―架空の病
PTSDだから
スクールカウンセラーが
 ―発達障害でっちあげてないで
PTSD原理を
滔々と教えたらよいのです。
 ―なぜイジメてはいけないのか。
そのためにいるんですから。
あと
慈恵病院で
無痛分娩された
PTSDの子が
 ―言葉では
 トラウマエピソードにたどり着けない。
心身霊トータルに
傷ついて
自立支援施設に来る場合は
確かにあるでしょう。
 ―無痛分娩する親は
 毒母ですから。

4 thoughts on “人間をネズミ呼ばわりする認知行動療法ではPTSDは治らない

  1. RINKO

    SECRET: 0
    PASS:
    発達心理学の学びの「ブリンダの驢馬」の話を思い出しました。
    高次な心理機能、「自由意志」があるということですね。。
    最近やっとその存在(言葉や知識では理解していた)が、どういうものなのかがわかってきたかも。
    (--〆)

    返信
  2. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    子供に理解させんのって無理じゃない?、親とか教師ですら理解できない奴多そうなのに。
    ましてや今の発達障害大好きなスクールカウンセラーにできるのかしら?。

    返信
  3. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >RINKOさん
    人間の場合は、あっちふらふらこっちふらふらで体力消耗するなど、ロバより複雑かなとも思います。どちらも選ばず逃げ出すなんて選択もしないから、サル以下かもしれません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です