いじめで高校生を死なせたPTSD解離少年に1億円支払い命令

2009年
大阪・富田林市で
男子高校生が
少年に殴られて死亡し
男子高生の遺族が
加害者の少年らに
損害賠償を求めた裁判で
大阪地裁堺支部は
少年に
1億800万円の賠償を命じました。
少年は当時17歳で
少年法での最高刑にあたる
懲役5年以上10年以下の判決を
受けていますが
30歳前に
社会に出てきても
刑務みたいな
生活ですね。
犯行の根本原因も
PTSDであり
被害者として始まったのでしょうから
こういう荷物を
少年に背負わせないように
 ―未治療なら
 ストレスに耐えかねて
 新たな犯罪を生むかも
義務教育のうちに
PTSD予防教育をすべきでしょう。
罰を与えるだけでは
誰も救われません。

4 thoughts on “いじめで高校生を死なせたPTSD解離少年に1億円支払い命令

  1. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    翠雨さん、こーゆー奴はPTSDによる犯罪は刑を減らすか無罪にしろなんて思ってない?。
    これさぁ、学校の責任って問われてるかすっごく気になるんだよね。

    返信
  2. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    >翠雨PTSD心理学研究所さん
    治せだけじゃどーにもならないでしょ。
    はっきりいって今の学校は問題ありすぎだし。
    「予防し治せ」だけじゃ無理。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です