路線バスと正面衝突後ワゴン車残し運転手がPTSD解離遁走中

千葉県松戸市で

ワゴン車が

路線バスに衝突

ワゴン車の運転手は

車を残して逃走していて

警察が行方を追っています。

 

20160303-00000505-san-000-view

 

車の暴走事故が続きますね。

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

夢のなか等で

適切に

遁走すると

 

 

o0800046012774369160

 

救いが起こり

事故を起こさないで済みますよ。

 

私はそのお手伝いをしています。

 

8 thoughts on “路線バスと正面衝突後ワゴン車残し運転手がPTSD解離遁走中

    1. wpmaster 投稿作成者

      やっぱりそうなりますか。
      昨日は高校生が通り魔に刺されたそうです。

      返信
      1. franoma

        http://bit.ly/1OVyppq
        劣化ウラン、ばら撒かれた地域ですから。そして、松戸の下水合流地点より(江戸川)川下に東京は金町浄水場の取水口がありますので、水道水の水質には要注意です。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          朝から強烈な情報をありがとうございます。
          証拠もバッチリ上がってるのですね。

          返信
      2. franoma

        火災のあと、
        「断続的に松戸には黒い雨や黄色い微雨が降り」などという庶民の目撃証言があり、
        中性子線の線量が上がったそうなので、劣化ウランが松戸に降ったことは間違いないと思われますが、未だに政府が隠蔽と嘘を続けていることで、PTSD予防ができない人が増えるのは道理でしょうね。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          確かめもせず(わかっていながら?)「黄砂」と報道したのですね。
          おかしな事件も増えると言うものです。

          返信
          1. wpmaster 投稿作成者

            チェルノブイリの時に、避難してこられた方々のお話を聴かれたのですね。
            それは貴重なご体験ですよね。
            その時の空気を覚えておられると、我々が感じるより何倍も日本はヘンなのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です