福島のマタニティクリニックで院長をPTSD解離殺人の息子逮捕の象徴性

12日夕方には

福島県郡山市の

産婦人科などの診療所を併設した住宅で

院長の69歳の父親の首を絞めて

殺害しようとしたとして

34歳の息子が殺人未遂の疑いで

逮捕されましたが

父親はその後死亡しました。

無職の息子ということで

PTSD問題という根っこは同じですが

前記事の母子関係とは

逆の立場の殺人事件です。

飲酒運転でひき逃げ事件を起こしたクリニックは休診中

「飲酒暴走医師」の画像検索結果

この医院は閉院でしょうか。

福島のマタニティクリニックの父子問題は

否認され

浮かび上がってはいけない象徴性の1つですね。

無意識はすべてお見通しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です