『約束のネバーランド』参考書は『実子誘拐』とPTSD予防教育標準テキスト

18日に

『約束のネバーランド』が公開されると

実子誘拐

ネバーランドが売れたというニュースが

マイケル・ジャクソンが

子どもたちのために作った遊園地のような巨大邸宅だが

性的虐待疑惑裁判の被告となり

無罪となったものの

裁判を機にネバーランドを訪れることなく

2009年に睡眠薬中毒死

飛びこんできました。

天体上の大変革のときらしく

不思議な偶然の一致がものすごい頻度で起こりながら

常識が次々がらりと変わっています。

児童養護施設の話なんですが

実子誘拐

こういう場所だったのは昔話です。

本来の場所に戻すべきでしょう。

里親が見つかるまでいる場所というのは表向きの理由で

『明日ママがいない』にも表現された

DVシェルターや児童相談所の隠された秘密ですね。

PTSD

裁判所の犯罪的多目的利用が流行中

食べられるために飼育されていると知った子どもたちが

人を喰ったような態度って言いますね。

比喩です。

鬼も人を喰います。

デジタルメディスン

家畜のような烙印が浮かび上がるのは

児童虐待

ADHDやアスペルガーと診断すれば

常時覚せい剤中毒状態維持可能

デジタルメディスンとかデジタルタトゥのイメージのコンプレックス

サヴァン症候群のような男の子は愛着障害型PTSDでしょう。

子どもなのに

社会的地位のある大人たちの行う悪徳に対峙し

みんなを生かすために

死ぬとわかっているのに

実子誘拐

その恐怖を抑え込んで

みんなに不安を与えずリーダーとして行動する

優しさと強さが問われているのは

(タフでなければサバイバーになれない)

PTSD予防中の人みなに課せられた厳しい試練を意味します。

普遍的な心霊上の実話です。

脱走するお話だそうです。

ポニョの家出も

お父さんの児童虐待(拉致監禁と洗脳教育)から脱出して

自己実現しようとする本能的行動であった。

児童相談所

このスタッフは

安談

『借りぐらしのアリエッティ』のハルさんそのものです。

安談

私の論文では

約束のネバーランド

こころのお手伝いさんである心理職の発達障害狩り&病院送り

自己治癒力は逃げ回ります。

ドロボー扱いしてネズミとりの薬を使おうとするのは

私が死ぬまで嫌がらせをやめないと脅迫する

東京都スクールカウンセラー

スラップ訴訟のスクールカウンセラーみたい。

関西医療学園

映画の正しい観方わかりましたか?

2 thoughts on “『約束のネバーランド』参考書は『実子誘拐』とPTSD予防教育標準テキスト

  1. あ*=franoma

    アメブロさんに以下の記事が出ました。そこらの[専門家]よりも格段にマシな助言です。来談者ご本人が
    「今、私にできることは何だろう?」
    と考えるように促しているからです。《観察主体》が呼び覚まされれば、心療内科や精神科、臨床心理士や《公認心理師》カルト、スクールカウンセラーなどと関わり合いになって[転帰]が最悪にされる「まだ起きていない不幸」だけは回避(←PTSD予防)できる可能性が拓けます。
    «まず最初に結論からお伝えすると、おくぼさんが今一番気にかけないといけないことは、ご自身のことや離婚後の生活ではなく子供①さんの心のケアです。
    母であるおくぼさんが旦那様から庇いきれないというのはおかしな話です。
    おくぼさんが考えているよりも、子供①さんはパパからの言動に心が深く傷ついています。
    ですが、一番恐ろしいのは子供①さん自身が心が傷ついていることに気付かず
    「パパに怒られる自分が悪いんだ、もっと良い子にならないと」
    と幼い子供ながらにいいように解釈していることです。
    これは異常なことで幼い○歳の子の考え方ではありません。»
    https://ameblo.jp/tatsuko–nekooyaji/entry-12657782733.html
    iPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      公認心理師試験に占い師がぁ!と話題になりましたが、こういう占い師さんだと大歓迎ですね。
      院長🐡ヒラメ(゜))<<ではなく、こういうことを言えるかどうかを基準にしてほしいものです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です