身体表現性障害という名のPTSD

心身症とか

内科などで検査を受けても

異常が認められない

頭痛、耳鳴り、しびれ、喉の違和感、慢性的な痛み

全身のだるさなど様々な症状

身体症状症と呼ばれるものも

体に力が入らなくなることがあれば☯全身がけいれんするなど

体のさまざまな場所に出現し

しばしば変遷し

症状のために

仕事、学校や家庭などにおける日常生活に支障が出ます。

少し話を聴けば

PTSDと判明するもので

薬を飲んでやり過ごそうとすると

こじらせてしまうことは

広く知られている常識です。

身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための ...

インディアン嘘つかなの面白ネタ・写真(画像)の人気まとめ【タグ ...

無意識はウソつかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。