精神分析」カテゴリーアーカイブ

『鬼滅の刃』と『崖の上のポニョ』PTSD克服の極意は【素直】

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が

異例の大ヒットを記録している秘訣として

トラウマを扱うおどろおどろしい話に対して

ドラキュラのような鬼の世界

これだけだとグロテスクで直視しがたい。

登場人物たちの いい子さが

光と影で

より際立つからではないかという指摘があります。

 

対比としてはその通りだと思うのですが

「いい子」については

過去に議論されてきた経緯もあり

「素直さ」ではないかと考えます。

日本語にしかない言葉で

武道でも「極意」

いい子は

良い悪いで言うと良い子なのですが

しばしば大人にとって都合の良い子になりやすく

優しくて他者配慮性があり

周囲の空気を読んで自分を押し殺し

忖度

こころを病みやすいと考えられるようになりました。

いじめやパワハラの餌食になっても

いい子のままでいると

…悲劇が起きますね。

では悪い子がいいのかと言えば

いじめっ子になる?

そんなはずはないわけで

どういう子が理想なのかという疑問に答えて

現れたのが

『崖の上のポニョ』の宗介でした。

宮崎駿の話から

 

いい子

保育園にポニョを隠し持っているのは

ルール違反で

家出娘ポニョを探しに来たお父さんに引き渡さない等

児童虐待

常識外れなところがあり

いい子とは言えません。

トップダウンで言いなりの

エテ公🐒(公認心理師)は「いい子」です。

【鬼殺隊】のように政府非公認でないと太刀打ちできない世界

 

「守ってあげるからね」と言うのは簡単ですが

その約束を守ろうとすると

律儀です。

上のような常識の壁を

いくつも超えていく必要があり

それを支えるのが

「素直なこころ」なのです。

5歳の子どもである上に

大人より素直だと言われる。

子どもにありがちな自己中心性も低く

無私

お母さんのような積極的な関心のみで

ポニョを理解しようとし

直観で

胡散臭いお父さんからポニョを守りましたが

心理学者のお父さんから

しつけと称して虐待されていたので

ポニョは家出するようになった。

それを支えたのが素直なこころでした。

 

鬼になってしまった妹を元通りにすることに

魚の子ポニョは人間になる。

専心するのも

仲間が立派ではなくちょっと変わった人たちというのも

専門家

似た構図ですね。

古事記の神々も変わった人が多く

人間的です。

心理学の「し」の字も感じられない話の中で

PTSDは治療されるのです。

トラウマ問題を解決する原理は1つだからでしょう。

PTSDの基本は【ストーカー心理】なのか。

へずまりゅうもストーカーだけど

メントスコーラはお蔵入りで

短期で30㎏以上痩せた実績を活かして

出直してほしい。

内容はともかくこの事実だけで

ユーチューバーとしてやってゆけるから!

ストーカー心理そのものについて書いた方が

『源氏物語』とか刷り込み理論じゃないけど

『失われた時を求めて』錯乱する病ですから

成績がいいですね。

30㎏短期ダイエット成功

妙なコメントも飛び込んで継続中

PTSD部門にランク入りはないと思っていたのですよ。

あきらめてはダメです。

占い

常識は変わりつつあります。

オンラインサロンでPTSDの心理療法は?

いろんなものがオンライン化され

まさかと思われた診察も

例外ではなくなりつつあるなかで

インフルエンサーたちが主宰する

オンラインサロンの

ウェブ上の会員制コミュニティ

おおむね月額5000円から1万円程度の会費を払うと

会員同士や主催者本人と交流できる。

加入者も増えているそうですが

利用の仕方を間違えると

「著名人に近づくことで

自分のスキルや見識を高めようと志す」のはよいのですが

ヒステリーを起こし感化されすぎて

(自分の意思が吹き飛んでしまう)

洗脳状態になってしまうと…

「オンラインサロンで不幸になった」ということにになるようで

「かたち」だけ真似たり

命令されたわけではないけど言いなりになってしまったり

注意が必要です。

この事例では

最後に

「今は就職のために猛勉強しています。

努力せずに価値あるものを手に入れようとしていたのは

へずまりゅうと一緒ですね。

ストーカー

思い返せば本当は

お昼にコンビニに弁当を買いに来るサラリーマンが

コンビニバイト店員だったが

簡単に企業できると思った。

羨ましかったのかもしれません……」と気づき

バカにしていたのは【影】だった…

自己実現の道を歩み始められたのはよかったわけですが

遠回りに見えても

最初から「こころ」を問題にした方が得策だと

教えてくれているとも言えますね。

あとは

効率的な問題で

集団心理療法が難しいように

「個人」の問題なので

オンラインも個人の方がお勧めです。

PTSD解離ユーチューバー「へずまりゅう」アメリカ村での威力業務妨害で立件か

愛知で拘留中

会計前にお造りを食べてご満悦の動画投稿

ストーカー

「無法地帯」をつくるのが楽しい解離人格たち

迷惑系ユーチューバー

「へずまりゅう」は

大阪市のアメリカ村の衣料品店で

迷惑系ユーチューバーの友達が購入した

友達も共謀ということで後で逮捕された。

既に逮捕されている「よりひと」ではなく

「わたきん」

Tシャツが偽物だと返品を迫り

「Tシャツは偽物だ。返品をお願いします」などと

男性経営者にしつこく罵声を浴びせた。

ストーカー

動画を投稿し信用を毀損したとして

威力業務妨害と信用毀損の疑いで逮捕されました。

こちらの方が立件できそうなので

大阪府警にお引越しさせたのでしょうか。

ストーカー

迷惑をかけられた有名人の方々も救われそうですね。

有名人のように努力できなくても

マウンティングできると思いつかせたのは

(同等になったとの大きな勘違い)

無意識の防衛機制【代償】

これが依存症になってしまった一例

『5150♪』加害者型PTSD研究のヴァン・ヘイレン

ヴァン・ヘイレンさんも他界してしまいました。

アルバムタイトルになった

5150』は

PTSD

自宅スタジオやアンプの名前ともなったお気に入りの数字ですが

PTSDPTSD

自己または他者に傷害を与える恐れのある

自傷他害の「他害」

精神障碍者の措置入院手続きを定めた

カリフォルニア州法から来る

ポリスコードで

警察関係者の使う隠語

現在日本では

隠語どころか

マスコミと検察がズブズブ…

一時期は

精神障害者に扮するなど

【サイコドラマ】の演奏版?

とても関心があったようです。

発表された1984年と言えば

こんな本もあり

PTSD

1949刊行のようですが

今読む方がリアルで怖そう。

当時の臨床心理学の関心は

「人格障害」の増加で

よくわからないまま

「登校拒否」のように

とりあえず適当に命名

精神病とも言えないし

神経症というには常軌を逸した行動が顕著だし…ということで

「境界例」とか「ボーダーライン」

別名「難事例」等として

たくさん事例発表がなされていました。

こころある精神科医も

「クスリが効かない」

「治りにくくなった…」と話していましたよ。

駅前クリニックの医者たちは

こんなこと言いませんね。

マルチタイプの

うつ病にみえたり

発達障害にみえたり

躁うつ病にみえたり

それで

戸惑うことなく処方が変更されて…?

PTSDとわかるのに時間がかかりましたね。

みんなトラウマ由来とわかったのは

単に精神分析の確認で

『青い鳥』

今は【PTSD】が隠語なのかな?


5150

高知東生さん極妻コンプレックスに有効なPTSD治療法は?

高知東生さんは

9月に自伝の中で

プレイセラピー

「痛みすぎて封印していた」

トラウマエピソードについて明かしたそうです。

【機能不全家族】とか【毒親】という言葉は

よく聞かれるようになりましたが

流石にタレントになる人となると

スケールが違いますね。

両親はいないと聞かされ

調べるという発想もない時代

祖母に育てられていたら

保護的だったが

実母でないから気を遣う。

養子型PTSD

養子型トラウマ

気まぐれにやってくる

気前のいい美人のおばちゃんが実母だと言われ

驚きながらも同居して

嬉しく思ったのもつかの間

とても一緒に暮らせない性格で

そのうち自殺してしまい

PTSDを発症しつつ

極度のストレス生活を送っていた。

地域で有名な暴力団組長が実父と聞かされて

怖いけど他に頼るところもないし

ルーツがわかって少し嬉しくて

必死で合わせていたのに

かなりの適応能力

ウソだとわかります。

誰だって人間不信になります。

友達にも実は親がいて…と話していたのに

嘘をつかされてしまった等

複雑な思いが募る生い立ちです。

「高知東生」を生きようとし

高知の田舎から東京へ

ちょうどバブリーな時代で

富と仲間を手に入れるために

背伸びして演技し

ヒステリー性格がどんどん磨かれる。

そこにあった「クスリ」を使うようになったとのことです。

使いたくて始めたものではないが

ストレスがかかってしんどくなると

この時代に退行するようになった。

逮捕されて

薬はやめても考え方はそのまま

執行猶予中に

交代で世話をしてくれる友人たちがいたことに感謝しますが

普通は

内観療法やお遍路さんで

これを深く確認して治る。

相手がやさしければやさしいほど

失われた時を求めて【転移】が起きるのでしょう。

遊戯療法

遊戯療法

友達ではなくお母さんを見ている。

忙しいなか来てくれるタイミングと

自分が来て欲しいタイミングのズレが気になってしかたないけど

授乳のタイミングみたいなもの

プレイセラピー遊戯療法

そんな要求はおかしいとは理解できるので

感謝の気持ちを表していたら

本当のことが言えない苦しさと

本当のことを言って友人を失ってしまいそうな恐怖

そんな理不尽な葛藤を持たされる怒りと

わけがわからなくなったりもするような精神状態では

きちんとした【認識】も無理というもので

国立精神・神経医療研究センターの

松本俊彦医師が主治医になっても

最高の治療が存在し

それさえ受けられたら治るのに…と思うのは幻想

『あ、俺って病気なんだ』と腑に落ちるまでに何か月もかかり

結局は古典的な

「12ステップ」のプログラムを続けているそうです。

現在、12ステップ中の「ステップ9」

あと数ヶ月で最終ステップというところまで回復予定

遊戯療法

そういうのも役立ったかもしれませんが

極妻と離婚する作業も必要だったわけですね。

プレイセラピー

今度は自分がお母さんを裏切った。

野球少年の頃に

お祖母ちゃんと相談を受けていれば

学校も当時は心療内科ではなく

箱庭とかプレイセラピーにつなげていた。

PTSD

全く違う人生になっていたことでしょう。

PTSDと診断された伊藤詩織さんとゲシュタルトの崩壊

「世界で最も影響力のある100人」のひとりに選ばれた

伊藤詩織さんですが

選出されたことを巡っての会見のなかで

誤読を繰り返されたことが

話題になっています。

ケアレスミスは誰にでもあることですが

ゲシュタルト

Bonobo-like a Twitter: "漢字も読めないというだけでなく、日本語知ら ...

どんなミスにも意味があることが知られていますから

共時性とか

抑圧による言い間違いとか

時流を読み解く参考にするのは

有意義なことだと考えられます。

お間違いになったのは

「肯定」という言葉で

「有無」同様

陰陽的な言葉として代表的なものの

吉凶混合☯

片割れです。

おそらくは

見慣れた言葉が

ゲシュタルト崩壊を起こすことが

普通は視覚的な

かたち(ゲシュタルト)についてですが

イメージとして

背景にあるのでしょう。

PTSDと診断されて

眠りにくく食べにくく

会見もストレスが大きくなってきたので

PTSDはストレス障害でもある。

弁護士らに任せて欠席するようになりましたが

最後の方では

パニックを抑えるために

呼吸を整えたり

頓服を飲んだりすると語られ

立ち位置がわからなくなったりされていました。

誰に向けて支援を呼び掛けているのか。

今回の会見でも

質問の意味が理解しづらくなり

英語でやりとりしてから

あるいは「日本語」の回避?

イギリスに避難されたそうなので

ゲシュタルト崩壊

日本語でお答えになっています。

混乱によるパニックの「静定」ということが

意識の大部分を占めていることに由来する間違いでしょうか。

『鬼滅の刃』時空を超えて繰り返される『里見八犬伝』

社会現象になっている『鬼滅の刃』には

いろんな鬼が出てきますが

退治されるときに

鬼になった経緯が明らかになるのは

(トラウマエピソード)

心理療法と同じ原理

小説家になりそびれた鬼もいました。

劣等感の克服のしかたで性格が決まる。

鬼滅の刃

『里見八犬伝』が好きで

自分でも自伝を書いていたのですが

そんなに簡単に大家のマネができるはずもなく

「つまらない」「ゴミみたいだ」等と酷評されるうちに

ひきこもりとなりました。

鼓を打っていたら

芸術的表現をすると

無意識に接近しやすくなります。

過去がよみがえり

そこに現れた

問題とは全く無関係な主人公に八つ当たり

転移

「あきらめろ」と言い出します。

投影です。

主人公は

人を殺したことはいけないけれども

そんなに駄文でなかったし

鼓も悪くなかったと

客観的に正しく評価しなおしてあげながら

成仏してくださいと言い

輪廻を断ち切ってあげました。

『里見八犬伝』は

馬琴が書いた

当時のエリートの常識である

陰陽思想に通じていたので

干支の「犬」の字を含む名前の八犬士に

の文字のある

数珠の玉を配分するなどした。

江戸時代後期の

日本の長編伝奇小説で

鬼滅の刃

悪者に乗っ取られた城の

里見家は実在

史実とフィクションが交錯するのは

天皇家の系譜としての

『古事記』と同じ体裁

唯一の生き残りであるお姫さまが

禰豆子のポジション

里見八犬伝

集合的無意識の原理により結ばれた

八人の若者(八犬士)と交流しながら

人生の辛酸を嘗めていることがパスポート

問題解決に導かれるまでを記したお話です。

ヒットするお話にはモチーフがあります。

『アンサングシンデレラ』公認心理師は服薬に付き添えばどうか

『アンサングシンデレラ』ですが

薬剤師は

クスリの管理や

副作用などについて厚労省への報告

製薬メーカーとの面談をしたりしていて

解説】看護師が行う患者のアドボカシーで最も適切なのはどれか。【看護 ...

処方の変更相談にしても

単なる患者さんのわがままではなく

薬剤師が言うのだから意味があるはずと考えられ

話が通りやすくなるなど

重要な存在意義があることが表現されていました。

実際にこういう風に機能してたらいいですね。

一方で

困った患者さんもいて

自分の薬を他人に流用したり

減りが早いので質問されるが

話をずらして答えようとせず

流用がわかっても

逆切れして詭弁でつめよる。

人手不足で多忙な薬剤師に

業務以外のことをさせて

便利屋のように使ったりと

特に

在宅医療では勘違いされやすいらしい。

医療を受ける側の問題も表現されていました。

こころも弱っている場合が多いので

「甘え」が度の過ぎたものとなる。

弱者擁護の流行に便乗すればモンスター化

医療現場あるあるですね。

末期がんの患者さんの痛みが耐えられないレベルになり

最後の「鎮静」の選択がなされた時

「鎮静」やクスリの名前だけで

薬剤部の場が

たちまち厳かになります。

スクールカウンセラーが

親に子どもの心療内科受診を勧める時

向精神薬処方を知った時は

こうなるでしょうか?

それが何を意味するかという

共通感覚があり

皆が重く受け留め

互いに確認・共有します。

この儀式のようなものは慣れるものではなく

経験者も新人と同等です。

痛みを共有する様子は

こころのケア(PTSD予防)だと思いました。

これが全くないと

流行りの「支援者の支援」が必要になるが

当事者への支援がままならない現状では夢のまた夢…

家族が薬剤師の場合は

病気について

説明されたとおりきちんと理解し

心理状態についても

人にも端的に伝えられますが

翻って

一般には理解が難しく

要領を得ないまま進みがちであるということです。

わかっていても

迷うしうろたえます。

しかし

弱音を吐けなかった患者さんが

夢を見て

こういうのが判断材料になるのです。

お母さん助けてと子どものように泣いているのをみて

決断し

投与に当たっては

「苦しかったね。

頑張ったね。もう大丈夫だよ

痛みが消える薬だよ

もう大丈夫だよ」と

やさしく説明しながらつきそいました。

精神科の薬も

昔は

最初の処方は

世界が変わるほどの体験は死と再生

感情がなくなったショックが

トラウマになった人もいる。

こんな感じで丁寧に飲んでもらっていたそうです。

癌の告知もショックに配慮し慎重でしたね。

病院で心理療法ができない公認心理師は

認知行動療法など投げ捨てて

こういう役目を引き受けたらどうでしょう。

私の意図に反して

PTSD

催眠をかけるために

安静に導いたら

逆にまくしたてはじめ

ヒステリー症状1つ取れちゃった。

精神分析の傾聴が始まるかな…。

治すと公認心理師法違反?

PTSDの墓場的見立て「先天的に運が悪い人たち」「サイコパス」

前記事ですが

早速

子どもでも厳罰を!という書き込みが目立ちます。

世界=敵(誰も理解してくれない)となっている少年にとって

逮捕で

医療に逆送され(やりなおし!と言ってもらえ)

集合的な悪意から

保護される部分はありそうです。

本来は「補導」でしょう。

理由は

先天的な病気だからということのようですが

治らないのだから

ただ公平に罰を与えることしかできない。

運命という見方も

トラウマがあると

認知の歪みは不治で

必ず負の連鎖は起こすものだし

(偽の神話を生きている)

迷惑をかけても仕方がないと妄信する専門家も

この範疇

T4的で

絶望的な「見立て」だと思います。

そこで

ALS殺人事件を起こされた妻の考え方が

PTSD誤診発達障害のトリセツ的

一般論のようなので

ちょっと考察してみようと思いました。

「夫は

アスペルガー症候群を持って生まれ

父親はギャンブル依存症

母のパート代で暮らす生活には余裕がなく

自尊感情を培うことができていない。

学校では

肥溜めに落とされるほどの激しいいじめにあい

スポーツはまるでできず

もくもくと勉強することで現実から逃げていたときいている。

だけど

奨学金もらって医学部卒業し

医者になって

家庭ももち家もクリニックももった。

生まれ育った環境はかえられなくても

おとなになってからの努力で

見た目克服できていたはずなのに。

虐待を受けた成育歴

アスペルガー障害と二次うつを抱えて生きる反動から

安楽死を肯定する持論を持っていた夫。

持論を主張するときには

高揚感を感じていたようだ。

ただここまでならよくある話。

そこでたまたま林さんと出会ってしまい

段取りをつけて共謀してくれる山本氏と出会ってしまうという運が重なり

事件は起きてしまった。

私はソーシャルワーカーとして

何らかの理由で

社会的に弱い立場に陥ってしまう方々と接する機会が多いのだが

彼らは総じて運が悪い。

自尊感情の低さ

自信のなさってのは

悪運を引き寄せがちなのだ」とのことで

流石に元国会議員で

そつがなく

世間で常識的とされる専門家の意見が

『アンサングシンデレラ』では

豊田真由子議員風の国会議員の症状の

病巣となっていることが映し出され

ピンポイント治療された。

端的に書かれています。

PTSDを発症している人は

どこかでトラウマ話をしているものだし

専門家も小耳にはさんでいることが多いようです。

そして

あんまり書くことがないから

上げ底のように文章のどこかに書いてあります。

精神分析によると

沖縄の拝み屋さんも同じ思想

傷ついたひとはその時代に立ち返って

考え直す必要があるのですが

肛門期

人が戸惑うようなヘンなことを言うのが楽しい時期があって

うんちでお母さんの気持ちをコントロールすることも

難しくなったころ

大人になっても

つらいとき

それを思い出して

無法地帯をつくると

暴走族は

道路が王国

警察をコケにして遊び

ストーカーは

裁判官からかい

岡口基一

弁護士コケにしながら裁判所遊び

岡口基一

麻薬なんかよりトラウマに効くことを覚える場合があります。

普通は

そんなへんな駆け引きなんてしなくても

楽しい遊びがたくさんあります。

はた目にはただのヘンな人なのですが

弄便は

粘土遊びにすると

衛生的で

時空を超えて生産的なのですが…

それを聴いてくれるひとを探したり

聴いてもらえる程度に加工したりします。

そういうことに気づかれているのは

なかなかだと思いました。

しかし

あとは

結局「運」

運と言っても

いろんな解釈がありますが

運命は

運を移動させるだけの話

宿命は

トラウマのように宿った運で

天才が咲く種かもしれない。

吹き溜まりのような運なのですね。

そういう思想で包囲されていることを

認めたくないという孤独な抵抗は正しく

最後の砦で

金閣寺に象徴されるものを否定するために

金閣寺を放火し

内なる万能感の確認で高揚したように

思想を実行に移すと同時に

自分がT4の主導権を握ったと勘違いしたのではないかと

批判され孤立しつつ核実験を続けるイメージ?

妄想していたら

福岡での事件が起きたのでした。

なにはともあれ

生まれつきの欠陥なんて言い方は

人道的な罪だと思います。