カテゴリー別アーカイブ: 精神分析

ジョンベネ殺害事件の真犯人とされるPTSD解離性倒錯者

1996年12月に

コロラド州ボルダーで起きた

ジョンベネ・ラムジーちゃん(6)の殺害事件について

「アメリカ美少女...」の画像検索結果

性犯罪者として登録されている

児童ポルノ所持で収監中の男(54)が

友人への手紙の中で

ジョンベネちゃんを「誤って」殺害したと認めたそうです。

「ジョンベネは

私を完全に変え

私の中の悪を消し去った。

ジョンベネの美しい顔

輝くように美しい肌

女神のような素晴らしい体を

一目見て

他の子どもたちを殺害した私が間違っていたことを悟った。

しかしアクシデントによって

ジョンベネは死んだ。

それは私の責任だ」

近所に住み

被疑者の1人としてマークされたこともあったけれども

証拠がなく

自宅で発見された身代金を要求する脅迫状の

筆跡が一致しないこともあり

起訴されなかったそうです。

フロイトが

リビドー理論のなかで

LGBTは病気だというような発言をしたことは

「LGBT」の画像検索結果

「性的倒錯」の画像検索結果

時代錯誤となりましたが

子どもへの性的倒錯だけは

今でも否定されないでしょう。

最近まで

この問題に寛容だったローマ法王も

「ローマ法王LGBT」の画像検索結果

聖職者による子どもへの加害のひどさにオカンムリ…

教会には近づくな!とまで言い放ちました。

「ビリーミリガン」の画像検索結果

性別も容易に超え

言葉遣いまで変わる

人格変容ぶりですから

筆跡はあてにならないですよね。

「池田小事件」の画像検索結果「アメリカ美少女...」の画像検索結果

見かけ上は全然違いますが

美少女コンテストも

お受験のようなもので

加害者には

子どもを支える

操り人形とも揶揄されていますが

家族関係がまぶしすぎるということも

あるような気がします。

うつ病(がんPTSD)から回復の南果歩さんとギリシア悲劇の象徴性

 

南果歩(54)さんが

舞台『オイディプス REXXX』の

初日を前に会見

 

16年3月に乳がん手術を受け

「去年の春にうつ病と診断されたけど

がんPTSDですね。

「PTSD予防」の画像検索結果「キュブラーロス」の画像検索結果

 

ここまで来られた」

「ギリシャ悲劇と同じく激動の1年。

人生最悪の時だった」と明かしました。

 

物語になぞらえて

PTSDを考えることが「見立て」となりますが

診断とは言わない。

PTSDに決まっているので

この作品は

フロイトのエディプスコンプレックスで

よく知られていますね。

「オイディプス王...」の画像検索結果「エディプスコン...」の画像検索結果

お話や夢は

実際のコンプレックスと比べると

「強調」され

象徴的に響いて

カタルシス効果を生む。

世間が暗黒になれば

古事記の神さまたちはどこからともなく集合し

自己治癒力の免疫チーム

どんちゃん騒ぎをしますが

笑いと気づきで癒やす。

落語と同じで

理解できないと笑えない。

「岩戸隠れ」の画像検索結果「古事記PTSD」の画像検索結果

西洋理論では

「朝は4本足

昼は2本足

夜は3本足の動物は?」なんて

「ハイハイから杖...」の画像検索結果

哲学的命題を解くことで

象徴的に捉えるのは同じでも

「頭で考える」傾向が強い。

日本人は頭で考えても治らない。

問題解決してゆきます。

 

しかし

PTSD物語ですから

続編があり

世代間負の連鎖してゆくのは共通です。

勝谷誠彦さん(57)アルコール依存症という穏やかなPTSD解離自殺

コラムニストの勝谷誠彦さんが

28日に

亡くなったことがわかりました。

重症アルコール性肝炎で

評論家の宮崎哲弥さんは

「敢えて勝谷誠彦風にコメントするとするならば

酒をずっと飲み続けて

自死に近い死だったと思う」と

沈痛な面持ちで

早すぎる死を悼みました。

 

「依存症」の画像検索結果

依存症の原因は1つ

 

社会に対する義憤を

「公認心理師」の画像検索結果

こういうのおかしい💢と

糾弾してほしかった。

なんとか共感を呼ぶような

伝わりやすい言葉にしてゆく

人生だったようですが

「知性化 精神分...」の画像検索結果

優しく繊細な神経の持ち主だったので

直観が鋭く

すぐに分かってしまうので

伝わらないのがもどかしい。

アルコールの自己処方が欠かせなかったのかもしれません。

 

直木賞『ファーストラヴ』児童性虐待PTSD殺人だからこそ見えないトラウマの構造

第159回直木賞受賞作品ですが

 

「父親殺し」の画像検索結果

 

精神分析でいう

父親殺しがテーマです。

「父親殺し」の画像検索結果

 

でも

殺害したのは女の子で

エディプス(男)コンプレックスではない。

主人公の臨床心理士が謎を解いてゆきます。

10代から臨床心理学に興味があり

いつか「精神分析」で小説を書きたかった。

登場人物はみな

心の闇を抱えていて

それを作家は

「心の傷」「トラウマ」と明言したうえで

トラウマが問題になるのは

フロイトの精神分析の領域であり

今はPTSDと呼ぶ。

トラウマがない人にもわかる作品を書いたと語ります。

主人公のように

自分のトラウマがわからない人が多いが

傾聴すれば

抑圧したものが浮かび上がる。

主人公は

女子大生で

リスカと虚言癖が顕著だという設定です。

 

一般にはリスカを見ると

激しく感情が動くものですが

主人公の母親は

「鶏に襲われた」という主人公の話を

あの子はぼうっとしているから

変な怪我が多いのだと

鵜呑みにし

 

トラウマを与えた父親と娘の関係にも

「ノーベル平和賞」の画像検索結果

性被害PTSD予防は人類の大問題

 

見て見ぬふりをして助けないことで

本人を追い詰めてきました。

こういうことが多いと

精神科医や臨床心理士に取材して知った。

 

「いじめ傍観者」の画像検索結果

学校だけではなく家庭にも傍観者がいる。

主人公は

臨床心理士から

トラウマに関する質問をされても

よく知っているはずなのに

「え❓」という反応ながら

『なぜそんなこと訊くの❓』

隠すつもりはないので

答えているうちに

矛盾点が浮かび上がり

精神分析でも「脱線」を分析してゆきます。

偶然と片づけていたことが

無意識による【抑圧】

加害者によって仕組まれたワナであったことに気づきだし

受け止めがたい事実

 

「気持ち悪い」という言葉が出てきますが

「ムカつく」と片づける程度を超えたもの

なぜ今そう思ったのかわからないと

混乱し涙が出てきます。

 

こんな作品を仕上げることができた作家さんは

知らないうちに結婚が決まっていて

びっくりしたことがあるそうですが

そのせいか

一度離婚して同じ人と再婚

婚約したとき

「酔ってたのかも」とのことです。

主人格は居眠り中(-_-)zzz

 

お酒が好きで

受賞のお祝いにもお花ではなくお酒が届くほどだそうです。

 

飲むと

訊きにくいことも遠慮なく質問できるのは

プチ解離の有効利用かもしれず

「プチ解離マーニ...」の画像検索結果

『思い出のマーニー』

親切心からとはいえ

土足でズカズカ侵入され

太っちょ豚!とつい本音💦

軽い多重人格性が

執筆に貢献しているのかもしれません。

 

 

「おらはおらでひ...」の画像検索結果「おらはおらでひ...」の画像検索結果

この作品も

脳内多重人格の話

 

三田佳子次男4度目逮捕「覚醒剤依存症(PTSD)は統合失調症になるらしい」

女優の

三田佳子(76)さんは

 

次男(38)が

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで

渋谷の飲食店で

口論となり通報され

挙動不審だった。

逮捕された件について

コメントを発表し

謝罪しました。

 

これまでは

逮捕されると

家庭環境が悪かったのではないかと言われていたせいか

機能不全家族はPTSD発症の温床

活動自粛等してきましたが

日本人の母子関係は特殊らしい。

今回は

「統合失調症」の治療を行っていたことを明かし

年齢も年齢なので

もうあとは自己責任で頑張って生きていってほしいと

母親は母親で自己実現を続ける。

突き放した内容です。

 

「阿闍世コンプレ...」の画像検索結果

西洋モデルを採用したのですね

 

 

蛇足ですが

PTSDが統合失調症になることはありません。

公認心理師ならそう言うかもですが…?

 

【佐世保悲劇】高1バラバラ殺人事件4年で同級生たちはPTSD予防中 

佐世保市で起きた

佐世保高1同級生殺害事件から

丸4年になりました。

 

当時15歳で

本年度、成人を迎える同級生たちは

事件で友達を失い

心に深い傷を負い

今も消えることのない悲しみを背負っていますが

 

当時あまりのショックで直視できなかったことについて

現実感の喪失が大きく

離人症的にやり過ごした。

「PTSD予防」の画像検索結果

少しずつ振り返り始めています。

 

 

加害少女には

いろんなうわさがあったものの

あまりに普通に見えていたことからくるショックは

大きそうです。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

 

「24人のビリー...」の画像検索結果

 

「ぼくの心がバラバラになったのは、なぜ?」

子どもの頃に

コメディアンだったお父さんが自殺し

お母さんが再婚して

義父に虐待され続けたからでしたね。

 

生きるために

その場その場で

こころをバラバラにし

火事場の馬鹿力1・火事場の馬鹿力2・火事場の馬鹿力3…で

サーカスの子どものようにある種の能力を

鍛えていった結果

解離性同一性障害になりました。

 

加害少女には両親がいましたが

実質的には

そう変わらない環境だったみたいで

実父は自殺しましたね。

 

『佐世保悲劇』かな。

「ギリシア悲劇」の画像検索結果「エディプスコン...」の画像検索結果

 

 

相模原やまゆり園無差別殺傷事件2年で加害者もPTSD予防中

相模原市

緑区の

県立障害者施設

「津久井やまゆり園」で

入所者ら45人が殺傷された事件は

「やまゆり園」の画像検索結果

「今

やまゆり園で起きた事件の犯人は私です。

世界平和のためにやりました」と自首

発生から2年になりますが

植松聖被告(28)からは

犠牲者や遺族への明確な謝罪の言葉はなく

 

手紙のやりとりや面会に応じていた記者が

公表した「手記」によれば

 

「心ある『障害者』ではなく

『意思疎通が取れない者』を安楽死させるべきだ」

「どれだけの金と人手

物資が奪われるかを考え

泥水をすすり飲み死んでいく子どもを思えば

アフリカの子どもには優しい?

心失者の面倒を見ている場合ではない」などと

自らを正当化しているそうです。

 

逮捕後

笑みを浮かべたことについては

「やまゆり園」の画像検索結果

 

「上着で顔を隠すつもりでいた」が

多くの報道陣に車を取り囲まれ

フラッシュが瞬く騒然とした雰囲気に

「見たことのない世界への好奇心から顔を上げてしまった」

「我ながらぞっとするような表情を世にさらすことになった」とのことで

 

ヒステリー性格が顕著だったようです。

ヒステリー=超外向=PTSDの過覚醒

空気を読まない子が増えているとされているが

実際は空気を妙に読みすぎ破綻

「T4 アウシュビ...」の画像検索結果「T4 アウシュビ...」の画像検索結果

結果的に

時代錯誤も甚だしい

空気が読めていない行動を起こす。

 

事件を起こし逮捕されたあとは

 

発達障害ではなく

PTSDなので

夢見が活性化され

 

「拘置所では

毎日のように夢を見る。

日常生活がつまらないため

眠っている時は

自由が欲しいと考えているのかもしれない」

 

事件を

真相から再考しようとする動きが

無意識的に起こっています。

「相模原市緑区の...」の画像検索結果

 

しかし

向精神薬を服用なら

期待できないかも。

「美代子自殺」の画像検索結果

ユングに逃げられたフロイトがPTSD予防に作った秘密結社と指輪

フロイトが

精神分析学の

秘密結社を結成した際の

ユングとの関係断絶がきっかけ

創設メンバー5人に送った

フロイト学説を信奉し

フロイトに献身的な人たちが

どうしても必要だった。

「秘密基地イラス...」の画像検索結果

遊戯療法では

子どもがよくつくりますよね。

印章指輪が

エルサレムの

イスラエル博物館で開かれる

展覧会

「フロイト・オブ・ザ・リングス」で

初めて公開されるそうです。

 

フロイトは

収集した膨大な古代遺物から

石を選び

それぞれの神話の主題を彫り込みました。

例えば

「Freud Nike」と書かれた

小さな段ボール箱の中から出てきた

金の指輪は

「ギリシア ニケ」の画像検索結果

ギリシャの勝利の女神の名ニケから

 

 

フロイトは

子どもの頃のトラウマで

成人後ヒステリーになることを発見

神話から

『エディプス王の物語』から

エディプスコンプレックス等

普遍的なコンプレックスがあることに

気づきました。

 

「象徴で癒やされ...」の画像検索結果

今は

PTSDと呼ばれます。

そして

河合隼雄が宿題を出したように

「河合隼雄」の画像検索結果

提出していない専門家だらけ?

「象徴が使えない発達障害が増えている」なんて

言ったのだーれ?

「かぐや姫はわがまま」って

言ったのだーれ?

日本人の分析には

日本の神話を参考にすることが必須なので

ジブリ版のアリエッティは古事記満載でした。

 

「象徴で癒やされ...」の画像検索結果

 

フロイトも

芸術療法で

PTSD予防してたんですね。

『この世界の片隅に 』戦争時代の複雑性PTSDを生きて個性化した女性の物語

テレビドラマ化されたものの

第一話を見ました。

 

「この世界の片隅...」の画像検索結果「この世界の片隅...」の画像検索結果

 

アニメからそのままでてきたような

ほんわかした女性ですが

きつい女性は

コインの裏表とも気づかず

投影性同一視で毛嫌い

子どもの頃

人さらいに遭って怖い思いをしています。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

どこか知らないところに売られて

大好きな家族と会えない恐怖に苛まれたので

離人的なのかも

 

しかし

絶体絶命のそんな状況でも

天賦のどっしりと落ち着いた性格が本人を守り

大切に育てられた。

大好きなキャラメルを

一緒にいた少年に分け与え

無意識のうちに

勇気を与えるようなことを言ったので

 

『崖の上のポニョ』の2人みたい。

元気を取り戻した少年の機転に救われ

頭が良さそうな少年の天賦が賦活

無事家に帰ることができました。

 

洗脳され

軍国少年と化した

周囲の男の子たちも

やや粗暴気味で

兄からはプチ暴力

クラスメイトからはプチいじめを受け

周囲から

変わった子だと思われながら

得意な絵を描いて暮らしていると

プチ離人感を埋めながら

問題の核心を探るために

絵を描く。

人さらいのことなど忘れた頃に

励ました少年と結婚することになりました。

「浦島太郎」の画像検索結果

助けた亀に連れられて

「浦島太郎」の画像検索結果

時空を超える。

 

「この世界の片隅...」の画像検索結果

 

こどもたちをよく観察している

久々に会った子ども3人に

ピッタリのサイズの着物を仕立てる感覚

箸の持ち方で行く末を占う統計学

おばあちゃんとヒロインは

座敷わらしのような少年に優しく

 

「座敷わらし 遠...」の画像検索結果

 

「座敷わらし 遠...」の画像検索結果「座敷わらし 遠...」の画像検索結果

 

苦界にある少年の辛さがわかる。

おばあちゃんは

象徴言葉を遣います。

嫁ぐヒロインに直截に言わず

「にいなのかさ」と言うので

ニナ・リッチかと思えば

「ニナリッチ」の画像検索結果

「新しい傘」だったが

(フロイト的性解釈)

世代が違うヒロインには伝わらなかった。

 

 

 

こんなおばあちゃんがいたら

「なかいきあかち...」の画像検索結果「なかいきあかち...」の画像検索結果

死ななくて済むのに…。

 

PTSDの不思議「無我なのにトラウマとはこれ如何に❓」

「PTSD予防」の画像検索結果

 

こんな風な

PTSDのメカニズムで

ご理解いただき

まことにありがたいことですが

 

トラウマって何❓と訊かれるようになりました。

 

いやいや「こころの傷」でしょと

正しくは「こころの傷」のようなもの

たとえ話であって

具体的に見えたら重度かも?

 

「マーニーpts...」の画像検索結果「マーニーpts...」の画像検索結果「ビジョンユング」の画像検索結果

ジブリやユング参照

「マーニーpts...」の画像検索結果

反射的に答えましたが

 

このこころの傷という比喩が

クセモノなのだと

やっと理解できました。

 

たとえ話だらけの

宗教や心理学の問題なのですが

たとえも言葉を使って行いますから

はじめに言葉ありき

 

適切な言葉を使わねばなりません。

 

精神分析で広まったわけですが

もともとはトラウマ=外傷

「フロイト年代」の画像検索結果

いつの話❓

当時はそれでよくても

賞味期限が過ぎて

腹痛を起こす人が続出…

 

トラウマでいいかどうかという

大前提に立ち返らねばなりません。

 

「PTSD陰陽五行説」の画像検索結果

 

そもそも

仏教では

「無我」でした(;_;)/~~~

無我は仏教の根本原理

イロハのイ?

我はないのですから

こころはない

本来は

ここがミソです?

傷つきようがありません。

 

「一休さんとら」の画像検索結果

 

一休さんもそう言ってますし

 

「般若心経」の画像検索結果

 

般若心経にも

「五蘊皆空」と書いてありますから

 

傷じゃ納得できないという場合もあるのでしょう。

直観タイプには無問題

思考タイプには大問題

「ユングタイプ論」の画像検索結果

河合隼雄は

ユング心理学を日本流に翻訳する必要があると言ったけど

私くらいしか取り組んでない?

フロイトまで遡る必要があるかもしれませんね。

 

傷ではない言葉がみつかれば

治療論もわかりやすくなるし

PTSDへの無理解も

減るかなぁと思うようになりました。