ネットストーカーに引用された『最新判例にみるインターネット上の名誉棄損の理論と実務』

笹山登生

「名誉棄損の正当防衛事例」と書いているのは

この本ですが

松尾剛行

著者の弁護士も

まさかネットストーカーにこんな文脈で引用されているとは

夢にだに見ないでしょう。

これが現在の司法の限界で

ネットストーカーやり放題を楽しんでますよ~♪という

宣言です。

この著書は

いつかどこかで

引用されることになると思います。

著作権最前線の著書かな?

心理学論文と法学論文でダイナミックな学際的研究になりますね。