京浜東北根岸線秋葉原駅でメンヘラおばさんPTSD解離自殺行為で遅延中?!

12:50頃

秋葉原駅で発生した

線路内立入の影響で

一部列車に遅れが出ています。

 

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-23

 

目撃者情報によれば

 

「メンヘラおばさんが

線路に立ち入りで

そのまま

泣きながら居座り」で

遅延中だそうです。

 

その「メンヘラおばさん」は

yjimagezkmwl5wy%e6%81%a3%e6%84%8f%e7%9a%84%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-23%e5%95%8f%e3%81%84%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%8c

大人の発達障害じゃなくて

 

%e7%84%a1%e9%a1%8cgih

 

PTSDなのに

効きもしない薬を

呑んで

ラリっているのだと思います。

 

こんな人が増えてますよ。

PTSD予防教育いたしましょう。

 

 

京浜東北根岸線秋葉原駅でメンヘラおばさんPTSD解離自殺行為で遅延中?!」への13件のフィードバック

  1. franoma

    そう言っては何ですが、おばさんになれば(恥知らずになるから)自然に治るとかテキトーなことを言ってる柴山だったかキンタマの小さい…名前は忘れましたが、千葉だかにおわします、でも、頭は決して悪くない、誰だったっけ…何たら憲一郎先生、名前からして賢いんですが、あ〜もう一歩、踏み込まないとダメだろ〜という…ああ!
    思い出しました。
    岡野憲一郎大先生でした。大先生ですよ、ご著書を拝読しましょう。でもね、臨床での助言は、なぜか? グダグダなんです。何で?

    その理由は不明です。臨床ではグダグダなのは、阪大の村上先生も同じでしょう。その理由は不明でも、
    臨床は、臨床で、パリッと進めましょう。
    それがPTSD現象学です。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      idthatidのような恥を解離したタイプが「おばさん」イメージを悪くしたのです。
      自分のおばさんでなくても、「おばさん」と呼びかける使い方には、本来よい響きがあったのに。

      「隣のおばさん こんばんは
      きれいなきれいな月夜です。
      おばさんご機嫌いかがです。
      一緒に歌を歌いましょう」

      このうた好きでした。

      今は、あの怖ろしいウソつきブログの満月のプロフィールを連想するからダメです。

      返信
      1. franoma

        確かに、あそこまで怖ろしいウソつきは、なかなかいませんね。他者の人格を無視してゴロツキコメントから始めて業務妨害をやりまくり、人生にダメージを与えているのに、無自覚です。そこは、大学のサーバーを流用して、パワハラ&モラハラやり放題の大学人ご夫妻と同じです。あの大学は、あの集団ストーカー組織事件をもみ消すと思いますよ。スキャンダルになってしまいますからね。でも、もみ消しているうちは、PTSD予防&克服への道には踏み出せませんね。
         聖マリアンナ医大は、「神さま気取り」ができないスクールカラーなので、公文書偽造を懺悔しましたが、神田橋医師らは「神さま気取り」( http://ur0.biz/A8Jn )のままで人生を終えるのでしょう。

        ところで、私は、愚息の遊び仲間たちから「おばさん」と呼ばれており、他の子の母親は皆、「〇〇ちゃんママ」なのに、どうして私だけ「おばさん」なのだろうと思ったことがありますが、「おばさん」だからなのです。健ちゃんの母上も「おばさん」です。「〇〇ちゃんママ」というのは、お子さまの母親としてのアイデンティティしかないので、やめたほうが良いように思います。出産を経て、地域で「おばさん力」を発揮し、こじらせ女子を卒業したら良いでしょう。年相応に生きないと、人生の午後が受け入れられずに狂っていくのでしょうから。医療は、生老病死を受け入れないためにあるのではありませんよね。そこさえ勘違いしているので、ヒポクラテスの誓いをかなぐり捨てることになるのです。西洋白人さんたちの多数派は。そして、日本人にも、ヒポクラテスはパターナリズムだからダメで、「パターナリズムからインフォームドコンセントへ」などというアホ〜なWeb記事が出ます。畑違いですし、失礼だから書きませんが、バカすぎて話になりません。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          こころには、年齢相応の課題とそれを達成するエネルギーが備わっているので、「おばさん」力も発揮できないと、「鬼婆」になるんですよね。
          心理学の業界は、idthatid問題を隠蔽しないと思います。
          本人もそれは、怪文書に書いてて、自覚があるみたいです。

          返信
  2. franoma

    インフォームドコンセントに関連するので、こちらに書きます。

    セルフネグレクト強要を受容させるとPTSD予防もPTSD克服も不可能になります。
    それは個人についてのみではなく、カップル、家族、地域社会、学校、生産組合、企業、NPO、国、東アジア共同体…いかなる組織においても同じでしょう。
    このことを明言することは「インフォームドコンセント」ですね。
    「パターナリズム」ではなく「父性による切り離し」( http://urx.red/Afn3 )が不可欠です。

    母体保護法に準じていないのに、配偶者や家族のエゴによって羊水穿刺や血液検査、エコー検査などによる出生前診断を強要したり、結果に依存して中絶手術を選択することを求めたり、「結果を見て自分で決めろ。自分で決めたんだから自己責任だぞ」などと突き放したりすることは人道上の罪です。そうしたことを明言する「父性による切り離し」が必要で、それで「はっとして」我に返り、それでもやむにやまれぬ事情で人道上の罪を承知で中絶手術を選択するなら、覚悟を決めるインフォームドコンセントが必要です。
    「中絶手術も手術ですから母体へのリスクはゼロではありませんよ。それで落命することもあります」(←インフォームドコンセント)で中絶手術というセルフネグレクト強要を受容する妊婦も何かあれば死ぬのは覚悟、配偶者や家族も身近な他者に「胎児殺害」や「自らの生命の危険」を受容させるわけですから、PTSD発症リスクは免れません。しかも、そのように覚悟を決め、「(その状況から)逃げるか闘う(=PTSD予防に努める)か」当事者が選択できるようにインフォームドコンセントを提供しなければ、益々、当事者のPTSD発症リスクは大きくなります。関連したことは、コメント
    http://urx.red/Afno
    に書きました。私は、出産後、お節介「おばさん」力が発生したので、「鬼婆」にならないように気をつけています。そういえば『オニババ化する女たち』( http://urx.red/AfnC )という本がありましたね。
    内田樹氏も当時、何やらお書きです。
    http://blog.tatsuru.com/archives/000418.php
    この御仁は「ウチダのとっつぁん」なので、表現が常に「ウチダのとっつぁん」です。先日も、
    http://nobuhirob.blog.fc2.com/blog-entry-2373.html
    にコメントしました。

    コメントタイトル:
    ルーマン社会学的に社会は機能します。

    コメント内容:
    http://www.tatsuru.com/diary/2003/03.09.html
    にウチダのとっつぁんが以下のようにお書きでして、
    実は、この「『あれして』おくうちに、『ま、あれも、なんだわな、そうそういつまでも、あれしておくままというのも、かっこつかんわな』というふうにシステムにビルトインされてゆく」というのを社会学的に記述なさったのが
    ルーマンさん(←電波オヤジ)でしょう。

    そんな、人類が全員、悟りを開いたりはしませんので、そういうことではなく、
    不完全なobservationと不完全なcommunicationのなかで、
    ルーマン社会学的に社会は機能するということで、めでたし、めでたしです。
    ウチダのとっつぁんがお書きの部分:
    「忙しいときには忙しいやつに仕事を頼め」という古諺があるが、これは他にも応用が効き、「はやく決裁したい事案があるときは、決裁を急ぐ事案を次々と提言する」というのも経験的にはなかなか有効である。

    そういうふうに喫緊の議題が目白押しとなると、最初の方の案件についてぐじぐじ議論することが何となくきぜわしくなって、「じゃ、まあ、他に急ぎの案件もあることですし、この件はあれする、ということで・・」というわけのわかんない「まとめ」が雰囲気的には可能になるのである。

    「とりあえずあれして」とか「それは、なにしときますから」とか「ま、みなさんそれぞれに、よく揉んでもらうということで」というのは、簡単には合意形成のならない複雑な問題を「処理」するときの便法である。

    「あれして」おくと、その事案はしばらくぼんやり宙に浮いているうちに、なんとなく「風景」に同化し、いつのまにか「おでこのにきび」とか「めばちこ」とか「インプラントの前歯」とか「もののはずみで同棲しちゃった相手」などと同じように、「そういうものがある」ということに私たち自身がしだいに慣れてきてしまうのである。

    不思議なもので、最初のうちはかなり違和感のある事案であっても、そうやって「あれして」おくうちに、「ま、あれも、なんだわな、そうそういつまでも、あれしておくままというのも、かっこつかんわな」というふうにシステムにビルトインされてゆくのである。

    これはほんとうである。
    ===引用おわり===
    franoma URL | 2016/12/06 03:35

    ところで、
    メンテナンス=保守ができないと、今ある平生底も維持が不可能になりますので、
    https://twitter.com/franoma/status/807386791669952512
    保守派と共産党が具体的に何をするかは、元々は対立しないものです。

    思想信条に関係なく「政界から消えて欲しい」と感じる人が圧倒的多数になってきたのでツイート
    https://twitter.com/franoma/status/807392981602836480
    @satoto_m 消えないのは #怨念 や #遺恨 を背負っているからで…
    #幽霊 の #PTSD現象学 が有効( http://urx.red/AfmK )。
    #お化け http://ameblo.jp/aya-quae/entry-11895416510.html は、
    #PTSD克服 なくして #成仏 しないのです。
    10:14 AM – 10 Dec 2016
    を書きました。

    http://nobuhirob.blog.fc2.com/blog-entry-2247.html
    「右翼でも左翼でもなく、きよく」生きたいのが普通の人でしょう。

    以前、翠雨先生のブログ記事にもコメント
    http://ameblo.jp/raingreen/entry-12070134141.html#c12767263623
    3. Re:Re:ここでいう「高尚」は“honestō”
    を書きました。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      ウチダのとっつぁんはおもしろいですね。
      私も見習って、やるべきことをさっさと片付けたいです。
      抱えている内に変質してしまって手に負えなくなるってこともありますからね。

      返信
    2. franoma

      自己レスで失礼します。

      まず、
      3. Re:Re:ここでいう「高尚」は“honestō”
      の内容を貼り付けておきます。ここに貼り付ければ、リンクにさっと飛べて親切ですよね、
      もし、お読みになる方がおわしますならば。

      >翠雨PTSD予防&治療心理学研究所さん

      他所さまのブログ記事
      http://ameblo.jp/momocat1010/entry-12068649492.html
      にある「天下御免」すなわち、
      「お天道様に恥じることなく素直に生きる」
      これがラテン語でいう
      “honestō”
      なので、江戸の庶民にも素直な子どもたちにもある性質です。
      “vitiated”
      になってしまわないことです。
      息子が行っていた公立中学校を正面玄関から入ると壁には
      “honesty and diligence”
      と書いてあり、そのことです。

      「日本がすすんで、自分の古いしょうばいがお役に立たなくなったら、すっぱりそいつをすてるのだ。いつまでもきたなく古いしょうばいにかじりついていたり、自分のしょうばいがはやっていた昔の方がよかったといったり、世の中のすすんだことをうらんだり、そんな意気地(いくじ)のねえことは決してしないということだ」
      ©新美南吉『おじいさんのランプ』
      http://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/635_14853.html

      「これね、おじさん、清廉潔白の廉て字だよ」
      http://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/1753_18682.html

      先生には、釈迦に説法ですが、ほかの読者さんのために書いておきますと、
      PTSD問題に対処しないかぎり、倫理は守れないという話でもあります。
      「倫理は人を裁くためにあるのではなく自分たちが人倫を踏み外さないためにあります。倫理は、単なる自縄自縛や支配したい側におもねる自己規制(お説教や行動療法 http://urx.red/AfQd で刷り込まれた自己規制)ではなく、自らが人倫を踏み外さず[PTSD]を発症しないためにあることを[PTSD予防]学習のなかに入れる必要があるでしょう」
      http://ameblo.jp/raingreen/entry-11727963412.html#c12424921300
      に以前、コメントしました。
      あ* 2015-09-06 22:54:55
      ===コメント内容おわり===

      「高尚」とは、私の元配偶者の保護人格にとっても「普通」のことです。
      http://www.kitashirakawa.jp/taro/?p=407
      これですから。
      「いかなるものも立派な人間を高潔な行いから遠ざけない」(© 山下太郎 @北白川)ということです。ただし、こうした倫理を守るためには、PTSDによる解離が起きてしまってはダメなのです。解離しないように「構え」が必要であることを南山大学の先生がお書きになりました。
      奥田太郎『倫理学という構え―応用倫理学原論』(2012年、ナカニシヤ出版)
      です。太郎くんは、日本の良い子どもですねえ( https://youtu.be/kx-4gbIz4Zc )。別に日本が大きくならなくてもね。身の丈にあった生き方が良いので。夏目漱石が言う「牛と競争をする蛙と同じ事で、もう君、腹が裂けるよ」というのは、やめることです。

      こうしたことは、橋本龍太郎氏が生きておわしたら武道の心得( http://urx.red/AfQ0 )がおありだったので「倫理学という構え」は武道の構えと即時に理解なさったことでしょう。氏が米国債を売ろうと思っただけでPTSD死を余儀なくされたことは、敗戦国日本の不幸でした。
       橋本岳氏は、父上の遺志を継ぐのであれば、嫁さんを殴っている場合ではなく、「倫理学という構え」を身につけてPTSD克服の道に踏み出すしかないということです。安倍ぴょんで遊んでいる場合ではないのです。慶應義塾大学の皆さまは、もちろん、ご理解なさいますよね? 竹中平蔵さんの証人喚問から始めませんか?

      返信
  3. franoma

    連投失礼します。

    http://blog.tatsuru.com/archives/000418.php
    のコメント欄に、
    「…三砂教授の本書を読むと、
    男女ともに、互いの性を大切にいとおしみ、尊重して初めて健全な性愛が育ち、
    子どもとして結実する、
    そして、老若男女がたがいを尊敬し、補い合う、暖かい社会を建設できると言う、
    ラテン系の熱いメッセージ、次世代へのエールが、
    伝わってくるような気がします。」
    投稿者 Qchan [TypeKey Profile Page] : 2004年11月15日 19:38
    とあり、このかたの読解は、私とほぼ同じです。似たようなことを私も
    kmomoji1010 先生のブログにコメントしました。どこだか忘れましたが、
    女狐心理職( http://urx.red/Afqq
    =「こじらせ女子」型PTSDなのに「エンパス」( http://urx.red/Afqx )で
    ヒーラー( http://urx.red/Afqz )気取りの心理職です。

    こういうことでは、研究も情報交換も議論も不毛になるということです。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      何かと言い切ってしまう論調が取り沙汰されますが、本質的に大事なことを書かれているんですよね。

      返信
  4. franoma

    すみませんが、
    「連投に次ぐ連投、失礼します」記事は、
    一部、コピペが失敗して文が変になっている上に、
    リンクが切れていますので、改訂版を投稿します。
    一つ前の「連投に次ぐ連投、失礼します」記事は削除していただけると幸いです。
    お手数をおかけして、申し訳ありません。

    「出会い」から個体は生まれるし、お子さまも生まれますよねー。
    とコメント
    http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/d2995d6435aead5aaa532c616d8cc4e3#comment-list
    に書いたのでした。

    子曰く(=我が家の場合、愚息曰く)
    (1)「香山リカ氏はバカで片付けず、きちっと批判せよ」
    (2)かもがわ出版の本も
    『DVにさらされる子どもたち―加害者としての親が家族機能に及ぼす影響』(金剛出版)も
    その改訂増補版の英語原著も即時に却下
    http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12071857364.html
    (3)長沼( http://urx.red/Afri )バカボン先生も却下
    ということですね。そうして初めて
    時代の変わり目こそ渾沌の徳が発揮され、
    「古い風習の中で、若い群像が学問を通して息づいていく」(© kmomoji1010)でしょう。
    http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12108963787.html

    そうして、
    『中心と周縁(10)― 戦争とインターネット 』
    http://ameblo.jp/kmomoji1010/entry-12094392961.html
    あるいは、お引越し先
    http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/45eabb7d8fbea00cbf69bfcca42ec25e
    こちらには、私もコメント
    http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/45eabb7d8fbea00cbf69bfcca42ec25e#comment-list
    を書きました。

    今になって思えば、ダナ・ハラウェイがボディポリティクスについて論じたのは、
    三砂先生が「女性の身体性を取り戻そう」と呼びかけたのと同じことですね。

    「ゴリラを見倣って生きましょう」と片山先生(@霊長類研究所)呼びかけておわしましたが、ゴリラを見倣うとか、サル真似( http://urx.red/AfsQ )をするとか…
    普通の人は、できませんね。真似る( http://urx.red/Afsi )こと(=ロール・モデル http://urx.mobi/A6kO を持つこと)で終わってしまっては、ユングの言う自己実現はできませんから。

    ちなみに、片山先生が「ゴリラを見倣って生きましょう」と呼びかけられた講演は、蓬茨霊運教授が松田卓也さんに「恐竜」と言われるような長大な計算を筆算していた件につき、反省し、ゾンタ・クラブさんの奨学金をいただいて、当時は最先端だった富士通16βIIを買えるようにしてくださったので、奨学金受賞記念講演としてなされた講演でした。ご来聴の皆さまは全員、神妙に拝聴しておわしましたが、私は「え〜ゴリラは見習えないかなあ」と思いました。どうも、すみません。

    洋の東西を問わず、
    「女性の身体性を取り戻そう」=本当のフェミニズムでしょう。
    そして、男性もその他の性的マイノリティも単なる奴隷になってはダメで、
    「当人の身体性を取り戻そう」
    =セルフネグレクト強要を受容するのは、もうやめよう…
    ということですね。

    そうして、人類レベルでPTSD予防&克服を進める時代が来たのです。

    こうしたことを論じるとき、西田哲学は避けて通れず、
    「中心と周縁」も論じざるをえず、
    インターネットが人類史に果たす役割も論じることになるでしょう。
    インターネットによって、渾沌がもたらされても、怖れることはなく、
    今こそ渾沌の徳を発揮して
    「古い風習の中で、若い群像が学問を通して息づいていく」(© kmomoji1010)でしょう。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      自分の身体に聴くようにしなければ人間性が希薄になってゆきますね。
      薬とか飲む前にちょっと聴いてみてほしいものです。

      しかし、西田哲学でも、座禅等真面目に取り組んでいそうな若手幹事が急逝しました。
      大学という環境がストレスだったのではと推測します。

      返信
      1. franoma

        大学のあり方には問題を感じます。

        「ハンプティ・ダンプティ」( https://youtu.be/LcTFfuOvCok )と
        「因幡の白兎」( https://youtu.be/iIdVOaY79JY )の歌
        https://youtu.be/kbHyfzWQG7E
        を幼かった愚息が一所懸命に歌っていたのは、PTSD予防でしたが、こうしたことが「頭でっかち」な大学人たちには認識できないことが大問題なのです。
         そんなことだから、西田哲学をなさる学徒が夭逝なさるのでしょう。痛ましいことです。PTSD死ですね。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です