男子高校生が母親殴り包丁で刺して殺害させられたPTSD否認イスラム国流発達障害ブーム

母親(44)の頭を金づちで殴ったり

腹部を包丁で刺したりして

殺害した

倉敷市の高校1年の男子生徒(16)が

逮捕されました。

 

自分で110番通報したそうですから

 

 

解離しやすい

PTSDだったのでしょう。

 

適切な心理療法を受ければよかったのに

 

 

フツーだとか

 

 

自宅警備員とか

 

 

発達障害とか

 

 

いい加減なことを言われてきたのでしょう。

 

 

そんな扱いを受けたら

誰だってショックのあまり

自分を見失うことがあるでしょう。

 

それをケアするわけでもなく

専門家のウソに従ってきた親への恨みは

相当なものだと思います。

 

こんな悲劇を繰り返すのは

もうやめましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です