桶川女子大生ストーカー(PTSD)殺人事件で選択されたmineの象徴性

ストーカー規制法を生んだ

この事件は

桶川マイン周辺で起きました。

 

ストーカー犯罪というものが

自他の区別が曖昧(I・my)になり

すべてmineになってしまう

無意識の病だということを

集合的無意識自らが示しているわけです。

 

ストーカー加害者が

①被害者を調べつくし

②拒絶されると攻撃に反転し

 

③被害者の関係者を脅したり

④大量の怪文書を送って

⑤名誉を毀損したり

⑥被害者意識を持ったり

 

⑦他人になりすましたり

⑧ウソばかりついたりするのは

⑨妄想に支配されているからだということ等

 

 

この頃から

何も変わりません。

 

この事件の加害者は

嫌がらせに2000万円を

無理なく使える人物でしたので

被害者は逃げ場がありませんでした。

地獄の沙汰(ストーカー被害)も

金次第です。

 

このあと

ストーカー加害者には

①母親との関係に問題があること

溺愛か虐待(溺愛も虐待ですが)

②父性が欠如していること

③アルコールを飲まないこと

(飲酒しないのが問題という意味ではありません)等

傾向が浮かび上がり

 

自殺したストーカー男には

精神科通院歴があり

リストカット等自傷行為を繰り返し

ストーカー行為は3人目だったということも

わかってきました。

 

警告を受けた際に

身元請負人に選ばれたのは

父親ではなく

消防士と風俗店を兼業する兄で

時には弁護士になりすましながら

影のようにストーカー弟を助けていましたが

今は塀の中です。

 

世間にPTSDに関する知識があり

向精神薬と警察の怠慢がなければ

起こらなかった殺人事件なのです。

 

ちなみに

加害者の母親は

息子は悪くないと叫び

加害者の姉は

「ストーカー殺人」という言葉を使うなと

マスコミ等に執拗に警告していたそうです。

 

「金太郎飴」の画像検索結果

 

ストーカーも

PTSDですから

金太郎飴のような法則があるのですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です