ヒロシマ原爆のトラウマはPTSD概念では収まりきらず…?

届いたばかりの雑誌ですが

(会員数29000以上の学会誌)

 

「ヒロシマ原爆被害者の人生を支えたもの

面接調査の発言のKJ法による分析」

 

こういう研究も必要だと思いますが

 

 

「被爆による心理的影響を論じた研究としては

Lifton(1968)がよく知られている。その後、

中澤(2007)は、被爆者は、被爆後の人生において、

放射能がもたらす自分の病への直面、

肉親の病や死への直面、さらに差別や偏見、

遺伝への不安など、さまざまな局面をきっかけに、

フラッシュバックが繰り返し起きることを指摘した。

そして、原爆による心の傷は従来のPTSD概念では

収まりきらずどこまでも放射能が一生追いかけてくるため、

心の被害が癒えることがないと論じた」

 

 

 

 

サイコドクターSは?

恐怖心は否認されやすいって話は?

(侵入と回避がPTSDの特徴です💡)

うつ病や発達障害に見えるPTSDがあるって話は?

 

文献レビューからおかしいでしょ?

査読者はどなた?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です