「 TV がある=NHKの恩恵を受けている」日本国民総スラップ訴訟リスクのストレス

NHKの受信料制度には

国民のほとんどが

納得していないわけですが

 

テレビを持つだけで

契約締結を義務づける放送法の規定が

憲法に反するかどうかが争われた

上告審判決が出ました。

最高裁

基本的には

憲法違反しか審議しません。

 

なんと

支払い拒否の男性の敗訴です…?

 

HNKは

 

「犬HK」の画像検索結果

 

「国民の知る権利を充足する」ので

充足されてますか?

合憲なのだそうです。

 

なので

支払い拒否男性は

支払い義務があるのに支払っていないことになり

「テレビ設置時にさかのぼって

受信料の支払い義務が生じる」とも判断されました。

理論上は50年分

いくらになるのだろう?

 

 

「NHK受信料拒否...」の画像検索結果

 

要するに

NHKから提訴されたら必ず敗訴するということですから

少なくとも次に審議されるまでは。

時々、勉強不足の下級裁判官もいますが?

未払いの900万世帯の出費は

NHKの胸先三寸で

これは結構なストレスでしょう。

 

「NHK受信料支払...」の画像検索結果

 

最高裁は

HNKはいちいち提訴しないだろうと考えているようですが

とりあえず

TVを撤去したらどうでしょう。

スマホもダメと言っているので時間の問題ですが

つまんない番組ばかりらしいし。

 

 

「 TV がある=NHKの恩恵を受けている」日本国民総スラップ訴訟リスクのストレス」への4件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    https://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/938587252589936641
    兵頭正俊‏
    @hyodo_masatoshi
    電気・ガス・水道料金を払わなかったら止められる。そのように犬HKも料金を払わない国民にはスクランブルをかけたらいい。これをやらずに強制徴収をやるのは、職員平均年収1750万の高給維持と、国民愚民化のためだ。犬HKはツイッター情報に何周も遅れている。しかも政府に都合の悪い情報を隠す。
    10:53 AM – 7 Dec 2017
    …というツイートがあり、リツイートしました。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      なるほど…φ(^o^) メモメモ

      「止めますよ」とも言えない立場で、提訴するにもネット問題の個人情報開示みたいに簡単ではないからするつもりはないけど、「裁判で負けますよ」と言い回るんでしょうね。
      何周も情報が遅れているとかで、ネットでバレても言い続けてパロディになりそう(^o^)

      返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          事実上はそういうことですね。
          個人情報を明かして異議を申し立てたので、見せしめのスラップ訴訟で、20万円支払いとなっただけです。
          わかりやすい解説がネット上で回覧されて、この国もまだまだ健全ですね。
          この件についての政治家のだんまりも図星!です。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です