慶大アイスホッケー部の男子学生はPTSD解離婦女暴行で逮捕

京大生が殺人未遂なら

帰省中はPTSD事件が起きやすい。

慶大生は

帯広の飲食店のトイレで

会社員の友達と共謀して

20代の女性に

性的暴行を加え

逮捕です。

 

「慶応レイプ」の画像検索結果

 

「慶応学長謝罪」の画像検索結果

 

慶大の塾長はまた

お詫び文を掲載しないとダメですね。

 

こういうのは

解離犯罪であって

発達障害とは関係ないので

 

 

社会に貢献しない心理学では流行中の

大人の発達障害

 

大学の品性を保つには

PTSD予防教育が必要でしょう。

 

慶大アイスホッケー部の男子学生はPTSD解離婦女暴行で逮捕」への14件のフィードバック

  1. あ*

    慶應義塾ということで、こちらに書きます。

    2001年911をなかったことにせず、
    ああいうのは英国民のためにならなかったとトニー・ブレア元首相は反省して英国民に謝罪なさったので、日本の政治家も見習ったら日本人のPTSD予防にプラスになるのにと思うのでした。慶應の三田会をバックにした小泉親子は全然、反省しないどころか、小泉進次郎さんは種子法廃止で日本人が餓死しても気にしないようです。PTSDの躁的否認ゆえ、慶應義塾の塾長は、これからも謝罪し続けるしかないでしょう。何しろ、
    http://bit.ly/DSMfaction
    の日本語監修者である大野裕医師をかかえておわしますから救いがありません。

    毀誉褒貶が激しい人がいるという現象は、そこにPTSD問題があることを示しており、さような評価の激変を受ける人、激しい評価の反転をやる人、いずれについても、「君子は豹変す」という場合もあるし、君子ではないので末田耕一医師の著書『「うつ」という医学の「言葉」は存在しない』p.194にある「相手の評価も全く逆転させて変える」ことで相手を操作しようとしているように見える場合もあるでしょう。私個人は、特に君子ではありませんが、普通にデタッチメントを徹底する自然科学者ですから、
    kyupin医師は、
    1. ゼプリオン昇天注射の説明があまりにもデタラメ、
    2. 「アスペ」ラベリングは、投影に過ぎないこと、
    3. 麻原彰晃さんと同じように「妄想性障害の周囲を信じさせる力」を発揮しているタイプと気づいたこと、
    4.転換性歯痛について真っ当な記事が書けないことから
    「過去の人」という評価になっただけです。PTSD否認では、レイシズムにしかなりようがなく、自分らだけ「名誉白人」にしてもらう野田正影さんと同じことです。

    一方、末田耕一医師と
    翠雨先生の評価は、
    http://bit.ly/KonjikiYasha
    に書いた内容に気づいたときから不変です。そこにブレークスルーがあるのです。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      塾長の誠実な対応だけが救いみたいですね。
      大学を倒壊させないために、さらなる尽力が期待されます。
      要は心理戦ですから、伝統ある精神分析学の方々を呼び戻せるようにすることからでしょう。

      返信
      1. あ*=franoma

        仰るとおり、要は心理戦=“psychological warfare”なので、
        http://bit.ly/2Ctq92a
        アニー・ジェイコブセン(著)
        加藤万里子(訳)
        『ペンタゴンの頭脳 世界を動かす軍事科学機関
        DARPA』(2017年4月、太田出版)

        (1)ハーバード・ブランド詐欺で、Biermanさんに騙されて、ADHD詐欺に引っかかって長じてからは「双極性障害」ラベリングがされる。
        (2)最相葉月( http://bit.ly/2CJfTHz )さんのように、『自由からの逃走』(©E.フロム)を“acting out”して、街場の心療内科か精神科を「安住の地」にする。
        (3)ハーバード・ブランド詐欺で、ハーマンさんと東北大学の大隅典子さんがタッグを組んで「東洋思想では男女平等にならない」「東洋思想では排外主義に陥る」として、東洋思想をベースとする人々を実験動物にする。
        (4)スマホと紐づけさせて、デジタルメディスンで制圧する。これは現在、香山リカ立教大学教授が毎日新聞への寄稿などを通じて「露払い」を実践中。
        http://ptsd.red/2017/11/18/ptsd/#comment-14696

        日本人には、以上4つのメニューが用意されています。

        毎日新聞が動いて、小保方STAP騒動=PTSD現象を煽り、
        讀賣新聞は、大隅典子さんから「コピペはダメです」などというバカな=日本人科学者をコケにしたコメントを取って載せ、笹井芳樹先生が精神科へ誘導され、無造作に出された精神科薬物で“acting out”を誘発されて殺害されました(PTSD死)。
         理化学研究所は、特許収入で機能する組織ですから、日本国の宝として組織防衛が必要な局面で、NHKまでが見境なくパパラッチ(©Forbes)をやり、毎日新聞がパパラッチ女性ライターに本を出させ、米国で失敗した「アスペ」の認知行動療法を日本に広められた @emiemi14 さま( http://bit.ly/2Ct3VgS )が小保方さんを抹殺すべく女性ライターのおバカな本を称賛して、人格破壊のトドメをさしました。小保方さんは、瀬戸内寂聴さんと話をなさり、リケジョに対する人格無視に抵抗なさってはいますが、もう社会的には抹殺されてしまいました。本を出したのは毎日新聞です。

        読売だけでなく毎日新聞も臭いことに注意しましょう。
        http://ptsd.red/2017/11/18/ptsd/#comment-14696

        私の師匠は、お坊さん( http://bit.ly/2Cuh0Xh )なので、
        「東洋思想では男女平等にならない」とか
        「東洋思想では排外主義に陥る」とか
        東洋思想に対する偏見は一切、ありません。

        東洋思想を捨てさせることによって、日本人( http://bit.ly/AsiatischeAffe )だけが
        「集合的無意識に守られない状態になるように陥れよう」
        =PTSD予防や克服ができないようにしよう
        と攻撃されている現状=「心理戦」=“psychological warfare”

        行き着く先は上述の
        (1)~(4)ということにされてしまい、
        思想闘争に完敗することになるのです。
        日本人=精神障害者ということになるわけで、
        端的に申せば、晋精会&公認心理師によって
        西洋白人ヒエラルキーを益々、確固としたものにしようということです。
        野田正影さんなど名誉白人になりたいタイプの精神科医をうまく使って。

        翠雨先生には、釈迦に説法ですが、
        「集合的無意識の無思想」に振り回されて排外主義に陥る社会現象は、ナチス・ドイツがやって見せたもので、東洋思想であろうと西洋思想であろうと、無関係に発生し得るPTSD現象です。そうしたPTSD現象を現代日本で今、起こし得るのは、
        (あ)「障害者を殺害すると人々が幸せになる」という妄想=“delusion”を「優生思想」などと称してしまい、社会的なレーゾンデートルがある「思想」として遇してしまう香山リカ立教大学教授はじめ「妄想とは何か」が理解できていない似非「専門家」
        (い)晋精会メンバー
        (う)晋精会が公認する公認心理師
        (え)現代日本版「水晶の夜」を突撃隊がやっても止めないように、消防や警察を組織してしまうであろうネオナチなのに総務省などに巣くっている高市早苗さんら。
        ですから、巻き込まれないように警戒が必要です。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          4つのメニュー(;_;)/~~~

          小保方さんが潔白で、被害者であるのは、警察もマスコミも知っているのにヘンですね。
          マスコミはストーカーみたいに追い回してPTSD発症リスクを負わせたので、今更謝ることもできないのでしょうか。
          小保方さんのご母堂も、心理職として巻き込まれないように沈黙中です。

          そう言えば、昨日、やり取りの最中に浅草線「三田駅」で、車両点検による遅延が報じられています。
          言わずもがな…ですね。

          返信
    2. あ*

      こちらに書いたように
      http://bit.ly/KonjikiYasha
      が大事です。
      東北大学で大隅典子教授が
      素粒子論の同僚から
      医歯薬は儒教ベースだから男女平等にならないと言われて変だと思わないくらい東洋思想に疎い…そうした人物が
      ハーバードのハーマンとタッグを組んで、PTSD現象の研究そっちのけで、
      PTSD被害者を治療することにしたわけですから、この流れは、晋精会が機能しなくなった後、日本人オーバーキル路線の大きな柱として用意されたと推察されます。実験動物は、東洋思想ベースの日本人男性が主になることでしょう。
      東洋思想のせいで
      「男女平等にならない」
      東洋思想のせいで
      「排外主義に陥る」
      というプロパガンダが盛んにやられていますから。

      「アスペ」ラベリングをやるために、実行された隠れ虐待と心理操作、それに付随する集団ストーカー行為を記録に残すことよりも、ハーバード・ブランド詐欺2つについて、被害者を出さないことが焦眉の課題です。

      ハーバード・ブランド詐欺の1つ目が
      「ADHD児は長じて双極性障害になる」というBiermanの研究、
      上述のハーマンの先に、大隅典子さんの研究を取って付けて、末田耕一医師の臨床知見をなかったことにすることで、日本人オーバーキル路線を続けることが2つ目のハーバード・ブランド詐欺でしょうね。

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        用意周到ですね。

        課題が多すぎて。
        優先順位をつけるしかないわけですが、2つの詐欺への対応だけでも大変そうです(;_;)/~~~

        返信
        1. あ*

          現象を観察したつもりで、
          『治癒の現象学』をお書きの村上靖彦さんは、あんなだから問題を矮小化することができるわけです。

          香山リカ立教大学教授が
          「反原発はニートがやる」という解離暴言をなさったとき、私が言われたのであれば、「今時、原発推進では女にモテない」とお返事してあげるのに…と思ったものです。

          カネさえあれば、少子化が止まると勘違いしている人が多数派ですけど、「何とか生きながらえて子孫を残すことができ、人類の福祉に貢献できる」と無意識でわかっているときに、人は子孫を残すように努めるので、「原発利権がある、地域住民が累積被曝で将来どうなるか分からないが、カネになるから誘致するんだ」という政治家が幅を利かせるような地域では、子どもは減ります。「原発を押し付けられたくない」というのを「地域のわがまま」として、そういう人として当然のことを言う人を「社会性がない」と叩いて社会的に抹殺してきたことを反省するように呼びかけないと社会病理(核問題PTSD否認)が悪化するばかりです。すると、人心は荒れ、少子化は進みます。沖縄は、何故、子どもが減らないか考えたとき、原発がないというのは大きいでしょう。

          核問題PTSD否認に、ジェンダー問題PTSDが絡められているので、妊娠・出産をする可能性がある女性を騙すために「原発推進のメリットとデメリットを考えて決めるしかない」などと勝間和代さんにデタラメ記事を新聞に出させます。原発利権=ベネフィットを得る人と、リスクを負わされる人が別なので、前者が後者の生存を脅かす特権があるのか?…
          前者の財産権を後者の人格権よりも優先するのは、人道に反することではないか?…と問うてこそ、大学教授でしょうに、香山リカさんも村上靖彦さんも、アイゼンハワーの「核の平和利用」詐欺に乗り続ける側においでのようです。

          こういうことを書く私のほうが「精神障害」とされるのは、「誤診」ですね。精神機能に障害が観察されるのは、@emiemi14 さまはじめ心理職のほうですね。東洋思想を捨てさせて、日本人だけ集合的無意識に守られないようにしようとされている今、仏教をアップデートするとは、正気の沙汰ではありません。

          彼女らは、日本人理系人に恨みがあるのではないでしょうか?

          返信
          1. 翠雨 投稿作成者

            学者がデタラメすぎて、どうにもなりません。
            よくこんな哲学や精神医学を語るなぁと思ってきましたが、「仏教アップデート」には驚愕しました。
            今からでもああいう冒涜は削除してお詫び文を書いておいた方が身のためでしょう。

            そういう人たちに病気扱いされたくないですよね。
            逆恨みのメカニズムに興味があります。

  2. あ*=franoma

    そもそもは、「アスペ」ラベリングで、それは水子心理職以外は沈静に向かっていると観察されます。
    藤崎晴男さんは、美学がありません。だから、奉仕霊運先生が亡くなってからは、私にどのような仕打ちをしても人道上の罪にならないと思うようになったのでしょう。普通に考えれば、質問する学生を罵倒するのは、精神障害者のやることです。普通の人であれば、精々、「そのことは、あなたが自分で考えたほうが良いので、ここでは教えません」くらいの返答をするのが人類レベルで常識ではないでしょうか?
    http://bit.ly/2CZVSfG
    検索すると出てくる関口さんのほうが美学という点では圧倒的に上でした。多分、(未確認ですが)父上が白樺派なのです。柴崎さんは、美学はそこそこ普通に絵画の鑑賞者です。「カネの切れ目が縁の切れ目」という発想で動く人たちがハーバード・ブランド詐欺で日本人オーバーキルをやりますから、家族を機能不全に陥れてしまう解離人格が心理職として存在している以上、抵抗しつつ人のために生きるのみです。それには、日本人をふくめた公民権運動を進めることが大事であり、抵抗にならないNPOに寄付をするのは意味がありません。そんなことをするくらいなら、賃労働をやって、そこで働く人の生の声を聴くほうが有意義です。

    看護師を目指すような人がなぜ、逮捕されるような状況に陥ってしまうのか( http://bit.ly./2qRXH8O )、なぜ、マンハッタン計画で物理学者たちが原爆製造に狂奔したのかを理解したければ、後者の場合は、英雄気取りで、とんでもないことをしてしまうこと(←あの場合は米国憲法の蹂躙)は、いかなる社会現象であるのかを考察すべきなのに、携わった人々がエリート主義だった…という表層の観察で終わっているようでは、八幡洋さんと同じです。
    「べし」は「できる」を含意するのですよ? このことは、息子が小学生だったときに、担任教師を批判していましたよ? そういうことが多すぎるから、大学なんか行っても仕方ないという結論が出てしまったのです。誰の責任ですか? これは、名誉棄損ですか?

    ハーバード・ブランド詐欺の2つは、どうしても被害者を出さないように、やめねばなりません。1つめは既に詐欺だと国際的にはバレつつありますが、2つ目は、日本人の公民権運動を潰す動きですから、大変な問題です。こういうものこそ「医療の闇」と呼ぶべきでしょう。
    ハーマンの業績の先には、末田幸一医師の臨床知見すなわち今や全てがPTSDという前提で現象学を進めつつ、公民権を行使させまいとするあらゆる人々に抵抗せねば、ペダンティックなガクシャになり下がるしかないということです。殺気を感じて目が覚めて、よけることができたというのを「うそ」ということにして実際的な安全確保をさせず、被害妄想だとか愛着障害だとか言うのは、人道上の罪です。偽証した女性については、生涯、記憶して同じことを繰り返されないようにしたいと思います。しかし、今や、日本を敵視する秘密保護法がある環境で警察が共謀罪を仕切り、日本人の公民権運動を蹴散らそうとしているわけですから、話がややこしくなってはおります。なので、庶民は、殺害されるまで抵抗しましょう。それ以外に道はないということです。
     妄想性障害の「専門家」に騙されて
    “Comfortably Numb”ではダメですね。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      劇団ひとりを卒業しそびれた水子心理職は、この点においても悪目立ち!ということで。
      美学の欠如も顕著で、みっともないことです。
      私も最初の質問にピーンと来たので関わりたくなかったのですが、逆恨みされたのでした。

      「公民」権運動を潰す「公認」心理士が台頭する世界を読み解くには、第六感も大事です。

      返信
    2. あ*=franoma

      補足しますと、
      妄想性障害の周囲を信じさせる力を発揮しておいで(つまり麻原彰晃さんと同タイプ)の「専門家」
      =kyupin医師( http://bit.ly/DrKyupinParanoia )は、
      Radioheadの“Paranoid Android” は好きで“Kid A”は理解できず、
      Pink Floydの“Comfortably Numb”は好きで、今なお実行中、
      Linkin Parkの“Numb”については、ボーカルが
      “Death by hanging”( http://2DBzGQP )で落命なさったあと
      “What I’ve Done (Linkin Park)”
      http://ameblo.jp/kyupin/entry-12297321301.html
      という記事が出されました。

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        「心理療法士、必聴」と上から目線で書かれていて、kyupinの心理学知識のレベルが露呈しています。
        精神科医でも必要な知識ですしね。
        お父さんとの関係は指摘されているようですが、その前に母子関係について考えるべきことが気になっているので、このような記事を書かれたのかもしれないと思いました。
        キリスト教的な赦しという件はなんだかなぁという感じです。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です