性的暴行で逮捕されたミスター慶応PTSD解離ファイナリスト(22)の象徴性

9月29日の朝早く

横浜市西区の雑居ビルの中で

酩酊状態だった女子大生に性的暴行をした

慶応大学経済学部2年の男子学生(22)が

準強制性交等の疑いで逮捕されました。

 

「酔っていたので今は覚えていません」とのことですから

アルコール依存症=PTSDですが

 

性的暴行後

タクシーで移動し

路上で被害者の腹部を蹴っているところを

逮捕されたというのは

無意識的に捕まりたい願望

 

ノーベル平和賞受賞が決まったコンゴの医師が知らしめ

世界を震撼させたアフリカでの性暴力の現状を思わせます。

単なる性暴力ではなく

身体的にも破壊することで

重度のPTSDを発症させ

壊滅的なダメージを与えるという

極めて非人道的な軍事的戦法

 

解離人格というものは

わざわざ酔って

集合的無意識にある問題を再現させられる

哀れな存在です。

 

「慶応レイプ」の画像検索結果

 

2016年には

ミスター慶応コンテスト」に出場していたそうで

とても象徴的な事件ですね。

 

大学としても問題が多く

「慶応塾長謝罪」の画像検索結果

「慶応塾長謝罪」の画像検索結果

塾長が謝罪文を出したばかりです。

これも日大劇場の一貫かな。

 

「発達障害心理療...」の画像検索結果

象徴が使えない発達障害が増えていると

喧伝されていますが

現実は極めて象徴的な行動をする

PTSDだらけなのです。

 

「PTSD古事記」の画像検索結果

慶応大学も品位を保つには

PTSD予防教育

取り入れなければ駄目でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です