「トロッコ問題」岩国基地外スクールカウンセラーの自己表現

山口県

岩国市立東小と東中で

スクールカウンセラーが担当した

「トロッコ問題」授業に

「トロッコ授業」の画像検索結果

保護者から批判が殺到

教育委員会が謝罪したそうです。

こころのケア(PTSD予防)をする立場の

スクールカウンセラーが

わざわざ不安を与えるテーマを選んだのは

学校現場の問題をよく映しています。

公認心理師問題で

安直な選択を迫られた不全感が

資格がおかしいのは重々わかっているが

取得するしかない…。

本当にそれでよいのか…。

子どもたちに丸投げされ

教育分析を受けていないとこうなります。

自分の問題と他人の問題が区別できない。

このような出題になったようにも思われます。

スクールカウンセラーとは

そういう人間で

あなたたちが受けられるカウンセリングは

そういうものだと暗に告げている。

選択に困ったり

不安を感じたりした場合に

周りに助けを求めることの

大切さを知ってもらうのが狙いだそうですが

それができなかった公認心理師業界

(エテ公🐒軍団)と違って

保護者らは

「授業で不安を感じている」と

東小と市教委に説明を求めることができました。

究極の正解💯ですね。

校長は

「心の専門家による授業なので任せて

確認を怠った」と

確認不足を認めています。

公認心理師というだけで雇用するということは

そのカウンセリングを受けるということには

こういうリスクがあると知らせるようなできごとが

この時期起こるとは

集合的無意識はよくできているものですね。

「岩国基地」の画像検索結果

どこで学ぶかは大事ですよ。

6 thoughts on “「トロッコ問題」岩国基地外スクールカウンセラーの自己表現

  1. ドラゴン🐲

    こんにちは

    ドラゴンの身近に居るスクールカウンセラーを職業にしている人も今正に問題を起こしている事に自覚がありません

    男性なのですが、ご自分のベテランカウンセラーという自負と親切心から、ボランティアで運営しているオンラインコミュニティに乱入してきたBPDらしき女性に自ら接近してしまいその結果、手に負えずに丸投げ状態…..結果としてそのオンラインコミュニティを解散の危機に追い込んでる状態です

    自ら大きなお世話でその人に接近するというのはスクールカウンセラーの特性なのでしょうか?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      自覚がない人ばかりですね♪
      本職での問題行動に加えて、迷惑なボランティア活動まで…💦
      親切ごかし💡って多いと思いますよ。

      そういう事例集もあちこちで採集されているんでしょうね。

      返信
  2. ドラゴン🐲

    もうホントにいい迷惑ですよ
    ご自分には彼女の話を聴いて彼女の問題を解決できる能力があるとでも思ったのでしょうか?それとも、人格障害の様な人にどう対応するかまではご存知なかったのか?リアルな現場でも人格障害の人への対応は非常に複雑で難しいと伺っていましたから、オンラインの場ではもっと困難になる事は予測していたのですーですから、ドラゴン🐲は必死で彼を止めたのですがベテランカウンセラーは聞く耳持たず….個人のメールアドレスや電話番号まで彼女に提供してしまい結局はシナリオ通りの悲惨な末路….2ヶ月ほどしてから自分の手にはを得ないから相談したいのですが….と…..

    このおじさんが勝手にその女性とやりとりした責任は何処へ押し付ければよいのか…..彼女は突然失ったおじさんとの関係にきっと戸惑っているに違いありませんードラゴン🐲は当事者(BPDではありませんが)ですので中途半端に話を聴いて貰って突然丸投げされたらどの様な精神状態になるかは想像がつきます

    まだまだ解決には至っていませんが、先生のこの記事でヒントを頂けた感じです

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      電話番号まで教えてしまうとは危機感がなさすぎますね。
      何もわかっていないのだと思います。
      しかも、この期に及んで止めた方がいいと予告していた当事者に相談する専門家って?

      でもまあ、薬漬けの片棒担ぐギョーカイですから、言われてみればやっぱりねーと思いました。

      返信
  3. あ*=franoma

    『学校でトロッコ問題は』コメント欄
    | 尾木直樹(尾木ママ)オフィシャルブログ「オギ♡ブロ」Powered by Ameba
    https://ameblo.jp/oginaoki/comment-12531352793/
    コメント No. 5 によると、年端のいかないお子さまに心ない(=配慮のない=PTSD発症リスクに無頓着な)授業を小学校で行なったのは、スクールカウンセラーだった模様です。つまり、《カネの亡者ケイオー》に大量に巣食っている《新自由主義》者がスクールカウンセラーに採用されているということです。これは、第一次安倍自公政権による教育基本法の骨抜きから始まった問題だと私もコメント No. 3で指摘しました。 “PTSD発症リスク” というキーワードを入れてもコメントができるようになりました。

    翠雨先生を含めて何人もの人を攻撃なさった件の心理職かつスクールカウンセラー( https://bit.ly/2Umthpd )は、「褒め上手なスーパーバイザー」から場外乱闘も(←義姉をビビらせるために生活現場に突撃することも含めて)よく出来ましたと評価されているらしいので、アングロサクソン諸国で横行してきた蛮行を踏襲したものですね。
     「PTSD発症リスクを負わせる事態を引き起こした」ことはアングロサクソン諸国では謝罪しませんから「アングロサクソンの妄想性障害」ということです。心理戦争の戦士ですよね、彼女は。攻撃性が自分に向かわないように、他者に投影して、他者を攻撃する病理が見て取れるわけです。S先生も含めて「提訴する!」と息巻いていたので、彼女の異常性は明白です。
     ビビらせて解離性不注意を誘発させるのは、「ヤさん方式」「CIA方式またはそのサル真似」として現在、世界で広くヤられているアプローチです。そういう輩が家族を機能不全に陥れようと奮闘しているのが国際社会ですから、そういう連中に “No!” というため、idthatid さまなどの公職追放が必要です。家族を守り、家族メンバーで力を合わせて協働現象による成果を上げるためです。
     この内容は、以前、コメント
    https://ptsd.red/2018/06/15/%e3%81%ae%e3%81%9e%e3%81%bf%e5%b1%b1%e9%99%bd%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a%e5%b0%8f%e5%80%89%e9%a7%85%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e5%a3%abptsd%e8%a7%a3%e9%9b%a2%e8%87%aa%e6%ae%ba/#comment-15906
    に書いたことです。

    「ヤさん方式」「CIA方式またはそのサル真似」
    – Поиск в Google
    http://bit.ly/2o7etzV

    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      尾木ママも( ..)φメモメモ

      非情な合理性は、idthatid 思考そのものです。

      裏豚🐖に気づかず
         ― 「 ↓あっと、「裏豚」→「裏蓋」ね」とtweetですが

            裏〇にも気づこう!

      大変だー!大変だ―!と思考停止の日本の政治家は
          ― 「獣医師なら、もっと、まともな情報発信をしろよ。
             煽ってばかりしていないでさ」
             豚コレラワクチン問題、どうやら、ワタスは、
            反ワクチン派の巣窟扱いにされてるらしい。
            アフオやなw」とtweet

      豚さん大量殺りくを、元政治家として見てるだけ~(獣医師に投影)ですが、トランプのペテン説も噴出、なんだかパラレルな出来事ですね。

      日本の父性が問われています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です