『そして、ユリコは一人になった』PTSD事象の象徴「一即多」

心理療法では

事実は

病の原因や治療法を含めたすべて

治癒する時に

判明するものですが

この物語でも

学園内の問題が解決したあと

ヒロインを見守ってきた人物の目を通して

お母さんがちょっと伝説に憧れていた程度なので

免疫となっていた。

それが語られました。

学内で

女生徒がいじめられて

自殺したことがあったのは事実でしたが

イジメられた理由は

同性愛で

自殺したのは男子生徒でした。

今は、男性教員

数十年も経てば

常識になるかもしれないような新しいことをすると

すぐに個性化(自己実現)することは稀で

「イエスキリスト」の画像検索結果

「LGBT」の画像検索結果

キリスト的受苦

そういうことで人をいじめてはいけない。

虐められ危険な目に遭います。

生徒の自殺が未遂に終わったのは

不幸中の幸いでしたが

後遺症から

こころを分裂させて生きようとするようになり

男性として適応的に生きているフリをしながら

女生徒として崇め続けられるように

伝説をでっちあげ

教え子たちを催眠にかけて操作

連続殺人事件が起こりました。

完全に催眠にかかっている生徒はおらず

テレビの余興のような

催眠状態に何日も置くことはできない。

自分の目的のために

かかっているフリをして利用したり

自分が教祖(百合子さま)になりたいために

伝説に便乗して

自ら催眠状態に自分をもってゆく生徒もいました。

「アル中」の画像検索結果

酔うために呑むのと同じ現象で

自己催眠にかかり

伝説が虚偽と判明したときには

自殺に追い込まれた。

ファンタジーなので

大げさな表現となっていますが

ウソの人生で

身の回りの人に

魂の殺人を行っている例は

多いと思います。

「ユリコ」の画像検索結果

そういう死活問題のなかで

たった一人残ったひとが

自己実現するということを教える物語だと思います。

「心理療法論 ユ...」の画像検索結果

もともと強くて優しい人物だったのですが

試練でさらに強くて優しくなったことが

「百尺竿頭一歩進...」の画像検索結果「百尺竿頭一歩進...」の画像検索結果

強調されながら

「ポニョ」の画像検索結果

一即多の原理が底流していました。

6 thoughts on “『そして、ユリコは一人になった』PTSD事象の象徴「一即多」

  1. ドラゴン🐲

    人口密度の高い地域では「嘘の人生」を送らなきゃいけない環境(教育、養育方法)が多く揃っている感じがします

    返信
  2. ドラゴン🐲

    蜜な場所に慣れてしまうと「何がマウンティング行為になるのか?」「何がジャッジメントになるのか?」が解らなくなるのかな?

    確かに心の問題は対人関係が原因だけど、そこから生じる症状をコミュニケーション理論の技法を駆使しても空振り三振するだけですー下手すると妙なコミュニケーション技法の枠組みで対話を継続する事は相手を酷く傷つけて折角少し良くなって来た人を後退させてしまうリスクが大きいという事を経験したのにーその事を訴えているけど聴く耳持たず…傾聴しないカウンセラーって一体何者ですか?って観葉植物の葉っぱに話しかけてみたー葉っぱはお返事しなかったのでドラゴン🐲はまだ正常らしい

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      これでしたね。

      例の場所でも、マウンティング&ジャッジメントが繰り広げられていたわけですね。
      言われてみれば、臨床心理士とか公認心理師のイメージって、そういう感じかな。

      返信
  3. ドラゴン🐲

    その場では気づかずに言ってる事が結果的にマウンティング&ジャッジメントになってる事って、結構多いみたいです

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そうなんですね。
      違和感を感じたであろう多くの人たちが、忍法🤐日本流で曖昧にせず、事象を言語化して立て看板⚠を立てておくこと、急務です♪

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です