『無知の涙』永山則夫④ 誰もがポニョになる

自分が横切った
生のパラドックス
その不可解の
いったいそこに
何が在ったのかへの
なぜ自分が
そこにいたのかへの
果てのない追求の
手記である。

謎の追求であり
自問自答の手記なのである。
そう
秋山駿は述べています。
PTSDにおいて
解離を起こすようになった人間は
永山でなくても
哲学者になるのではないか
と感じます。
机上論や
職業としての
哲学ではなく
生きるための哲学です。
哲学しなければ
もはや
一歩も進めないのです。
【如人千尺懸崖上樹】です。
崖の上のポニョなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です