『チャングム』第二十話  料理も陰陽五行

韓国の時代劇ですから
流れる思想は
【陰陽五行説】
陰陽と5つの元素で
  (木・火・土・金・水)
世界のあらゆるものを
説明しますから
料理も陰陽五行です。
一話(一時間)のなかにも
わかりやすいのが
たくさん出てきます。
子粥
くるみ・松・ゴマ・あんず・もも
5種の実入り
中に保存した柿酢
陰陽相殺する土気
亡くなった母と師が若いとき
埋めたもの
王は大事に保存したこころに
打たれた
黄土
地奨水とも言う。
5億7千万年前に形成された
黄土岩盤層の中で生まれた水
解毒作用がある
(今風に言うとデトックス)
あと
八卦
冬虫夏草とカメのスープ      ←キトラのカメ(神聖)
競合と言って
2者を競わせ
(絵師の場合も同じですが
負けると去らねばなりません)
「結果には清く従え」と
言います。
ぶつかり合いの中に
真理があり            
変化してゆくという考え方です。
偉い神さまは
いないので
誰でも
未来を創ることに
参画できるんですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です