孫を角材で殴った祖母を書類送検

京都府宮津市で
長女(6)を殴るなどして
意識不明の重体にしたとして
傷害容疑で母親(24)と
同居の男(26)が逮捕された事件で
京都府警は
角材で長女を殴った
同居の祖母(54)も
書類送検しました。
母親らが
「夕食の食べ方が早い」と言い暴行
祖母は
暴行を制止しようと思い
『ゆっくり食べなさい』と言ったが
返事がなかったのでたたいた
」と
容疑を認めています。
現実には祖母と
その娘夫妻と孫
しかし無意識的には
娘は20年前の自分
孫は娘
タイムトリップしてたかも…
退行現象ですが   ←成長のために起こるのですが…
【解離】とも言います。
母親からの虐待でも
悲痛なのに
二世代とは…
虐待問題もどんどん進化しています。
祖母はPTSDですよ。
若年性認知症じゃないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です