宮崎駿が観た能登半島地震被害のおじいさんの反動形成

能登半島地震は
2007年(平成19年)3月25日 ←ポニョ発表は2008
9時41分58秒(JST)に
石川県輪島市西南西沖40kmの
日本海で発生した
マグニチュード6.9の地震です。
宮崎監督は
TVでインタヴューを受ける
おじいさんが
「(家が)壊れてしまいましたよ。
アッハハー」と
笑い飛ばしているのを見て
感銘を受けたようです。
平気であるわけないし
平然としているのでもないし
やせ我慢してるのでもない…
その心境をぴったり表現する
日本語はないのですが
心理学用語では
【反動形成】っていうのが
あります。
日本人に多いと指摘されている
防衛機制です。
$PTSD研究家翠雨の日記
【否認】とか【抑圧】とか
他の防衛機制とは
異種のものです。
DVシェルターでも
これが一番多いです。
最初は驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です