チリ落盤事故から学ぶ絶食と意識障害の関係

チリの鉱山落盤事故で

作業員33人の
全員生存が確認されるまでの
17日間

複数の作業員が
栄養失調による
体力の衰えから錯乱状態に陥り

自殺を防ぐため
2、3人で監視していたことが
分かりました。

空腹のあまり
「餓死するために、なぜ生きているのか」と
こぼす人々が出てきたそうです。
 ―この状況なら
 なぜそう言うかわかりやすいですね。
 PTSDで絶望した人が
 投げやりになった場合は
 即人格障害扱いされますね。
 子どもが言ったら
 「要らんこと考えんと勉強しなさい!」かな?  

最後の数日間は
「立ち上がることもできず
錯乱状態でうわ言を言い
恐怖のあまり叫ぶ
人々もいたので
必ず誰かが横に付いていた」そうです。

  …

宗教的な意味で断食するときは
★断食効果への信頼があり 
★自我強化しながら    ←普通の強さでは無理です
★意味を納得して

  行います。

しかし
望まぬ絶食は
このように
混乱を生むことを
人類は学ぶべきでしょう。

わかり易いのは貧困ですね。
 ―虐待により食べられない子が
 たくさんいます。
 この日本に!

貧困にあれば
★生きている意味がわからなくなり
★錯乱を起こし
★絶叫しても
★死にたくなっても

おかしくないということです。

貧困に身をおくことが
(おかされていることが)
そもそも哲学なんですね。

$PTSD研究家翠雨の日記

よいとかわるいとか
そういうことを超えて
意味を問わねば
一歩も生きていけない子が
たくさんいます。

だから日本の漫画って
哲学的なんですね。

心理療法家になるには
断食は必須アイテムだなと
ふと思いました。

そしてこんな子たちに
発達障害の薬             ←んなものあるかパンチ!
飲ませないでほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です