内田裕也の語る永遠の反逆児ジョン・レノンの文脈にある海老蔵

今年は
ジョン・レノン生誕70周年
親交のあった

永遠の反逆児
内田裕也
が語る。
 ―真の反逆児に
 真の反逆児が理解できる。
「彼は
格好だけで
政治的な発言をしていたんじゃない。

ブラックパンサーとのかかわりなど
深いところで
政治グループとつながっていた。
今生きてりゃ
本気の反逆児だろ」
 ―海老蔵も
  この文脈で捉えてほしいですねドキドキ
$PTSD研究家翠雨の日記
『イマジン』のように
癒しの【非暴力】を説き
『パワー・トゥー・ザ・ピープル』
『ワーキング・クラス・ヒーロー』
『女は世界の奴隷か!』のように
過激に社会に対峙する。
そして
『スタンド・バイ・ミー』と
本心を語るまえに
『ジェラス・ガイ』
『マザー』で
究極の弱さを
正直に表現することだ。  ←本当の強さ
ジョン・レノンは
総合的に捉えるなら
PTSD克服のバイブルとなるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です