鬼束ちひろさんに肋骨骨折させたDV加害者「一回殴っただけ」の心理

$PTSD研究家翠雨の日記
8月に
渋谷区内のマンションで
鬼束さんの顔を殴ったうえ
床にたたきつけるなどの暴行をして
肋骨骨折などで
1カ月の重傷を負わせた
無職の男性(39)の
初公判がありましたが
「平手で1回殴っただけ」と
起訴内容を
一部【否認】しました。
事実だったら
凄いワザですね。
 
一方的な不満がつのり
【解離】して
暴力で伝える形に
なってしまったんでしょうね。
 ―いわゆる
 「かーっとして」
 見境なくという感じで。
こういうDV【解離】男
よくいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です