ののちゃんが教えるアイデンティティは崩壊するが学習障害ではないPTSD

$PTSD研究家翠雨の日記
「門前の小僧習わぬ経を読む」
ですね。
しかし
★意味を知ってるか?
★生活に役立てられるか?
 ―お坊さんが一生かけて
 研究すること
それははなはだ疑問です。
自閉症児の
オウム返しみたいなもんですね。
反応はよいのですが
こころが入ってないのです。
 ―というか
 
 ★対人関係と関係ないものなら
 覚えられる。
 ★対人関係に関係があると
 思考がたちまちゆがんで    =PTSD
 覚えるどころじゃなくなる。  ≠学習障害
アフリカ人も
耳がいいですよ。
日本語わかってるのか?と
思えば
まねして面白がってるだけニコニコ
 ―この場合は
 ご愛嬌で(こころがある)
 コミュニケーションが豊かになります。
PTSDは
ややこしいといえばややこしいですが
簡単といえば簡単
★模倣の病で   ←心的感染症
★自分がない   ←自己同一性の障害
4コマ目の
距離感は
【離人感】でしょうかね。
 ―最初の文献で
 「私は遠くへ来た(と感じた)。
  …しかし、遠くへ来ていないのは
  知っていた」みたいな記述がありました。
なかなか
心理学的な漫画ですねニコニコ
 

6 thoughts on “ののちゃんが教えるアイデンティティは崩壊するが学習障害ではないPTSD

  1. franoma=あ*

    「アイデンティティ」ということで、こちらに書きます。

    翠雨先生が
    「日本人はアイデンティティをでっち上げない」
    と表現した内容を理解できない「日本人」が増えてきているかも知れませんね。
     先ほど、アメブロさんが以下のブログ記事を「読め」と私に推奨してきました。
    「identification」
    http://ameblo.jp/makirinko-orange/entry-12248924724.html
    2017-02-18 12:35:41
    テーマ:日常
    “The unconscious modeling of one’s self upon suiu’s character and behavior.”
    ===記事内容おわり===

    これに関連して、今日は、「奈良のシカ」さんにコメント No. 2「モットーって?」を投稿できました。
    コメント内容:
    奈良公園のシカさんは、
    見に来る人々皆から愛されて
    自然体で生きる神聖な命なのです。

    もともと、日本人は、アイデンティティをでっち上げないで、
    四書の一つ『中庸』にあるように「天人合一」で生きます。
    「お天道さまに恥じないように一日一日を暮らす」だけですから、「モットー」なんて不要ではないかと思います。

    「モットー」は不要だから、日本語にならず、外来語なのでしょう。
    要らないのに、訊かれたら「考えておきます」というのは、正直親切(©高村光太郎)な御返事とは思いますが…
    「モットー」は要らないのでは?

    どうも、お邪魔しました。
    あ* 2017-02-27 12:03:37
    ===コメント内容おわり===

     アメブロさんは「文化摩擦」問題であることにして、事態を収拾したいのかも知れません。しかし、そういう問題ではありませんね。
    (1)香山リカさんがデタラメを書く芸風であること
    (2)「来談者中心療法」は、カウンセリングと称するからには外してはならないこと
    この2つは、拙ブログ記事
    http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12250095749.html
    に書きました。
    http://amba.to/2l1Hbjg にあるように「来談者中心療法がカウンセリングという言い方を始めた」のですが、今やカウンセリングは「来談者エゴ中心」や「治療者エゴ中心」( http://bit.ly/1U367gu )に成り下がっています。これでは、治るものも治りませんね。

    ところで、S先生は、奈良ではなく宮島の鹿さんですね。

    返信
    1. wpmaster

      でっちあげ組は、今だに「私って~なひとだからぁ~」等と言ってるんでしょうね。

      子どもがウルトラマンの真似をするのは微笑ましいですけどね。
      無心になってなりきっているから面白いんでしょうね。

      BL漫画家さんが卵巣がんとは、なかなか複雑な自己表現ではありますね。

      宮島の鹿さんも、鹿せんべいをあげると突進するようになるのでしょうかね。

      返信
      1. franoma=あ*

        宮島の鹿さんは、鹿せんべいなんか初めから要らないのです。本当に食べるものがなくて困ったら、海を泳いで渡る野性の力がありますから。

        返信
          1. franoma=あ*

            宮島ということで、こちらに書きます。

            宮島と言えば、kyupin医師のブログ記事で
            REM
            https://youtu.be/mub86C9KVHg
            が紹介されています。
            1分22秒の写真は “flower child”(←ヒッピーさん)でしょう。
            1分49秒:原爆きのこ雲
            1分52秒:ハンバーガー食べすぎ…
            2分00秒:飢饉で餓死。
            2分11秒:テロリスト
            2分20秒から宮島…

            http://menamomi.net/miyazima/torii.html
            というブログも写真が沢山あります。

          2. wpmaster

            60トンの石の重みがあって、「置いている」だけなのだとは知りませんでした。
            法隆寺の柱にしても、日本建築は意外なことが多く、驚かされます。

            kyupinはいろいろと自己表現を残しているようなので、ゆっくり分析できたらと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です