福島第一原発作業員に必要なのは心のケアかバッシングか

$PTSD研究家翠雨の日記
そのときは
恐怖心を克服するしか
なかったでしょう。
しかし
恐怖心は無意識に
押さえ込まれています。
$PTSD研究家翠雨の日記
緊張が切れたとき
浮かび上がる可能性があります。
あるいは
阪神淡路大震災の被災者や
既にPTSDに罹患している人が
このたびの震災ショックで
調子を崩しているように
ストレス状況で
無意識に押し込まれたものが
自我をいきなり直撃する可能性
あります。
パニック発作が起こるでしょう。
マイルドに起これば
無気力になるでしょう。
そうならないためには
こころのケアが必要です。
ゆっくり時間をかけて
押さえ込んだものを
癒す作業です。
勇気ある行動をされた方々が
★うつ病誤診で苦しむ人々や
 ―PTSDの間違いでした。
  怠け者
  わがままと
  バッシングされている人もいますしょぼん
★年間3万人の自殺者と同列に
 
 ―PTSDの結果です。
組み込まれる
不幸を
見たくはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。