PTSDが悪化した被災者への精神科医によるこころのケア

昨日書いた記事の続きですが
 ―震災前にすでに
  (極度のストレスから)
  PTSDに罹患していた
  男性ですが
  統合失調症と診断され
  それを信じているようです。
震災に会い
お薬手帳と薬をもって
避難しました。
 ―おまもりみたいなものなのですね。
  よくわかりました。
$PTSD研究家翠雨の日記
大阪のさわ病院から
支援に来た精神科医は
眠れないという
男性の話を一時間近く聴き続け
不安が強くなり眠れないのは
正常な反応だと助言し
朝日を浴びて散歩することを
勧めたそうです。
男性は
こころの状態を確かめることができた」と
感じ
助言に従っておられます。
 ―今までの主治医とは
  違う心的経験をされたのは
  よかったですねニコニコ
こころのケアの定義は
ややあいまいになるようですが
★この医師の傾聴がなければ
より深く混乱し
複雑化長期化していったと
思います。
そして
★今回のアプローチは
もともとのPTSD
(統合失調症と誤診されてますが)への治療の扉を
開けています。

おそらく
受診態度も含めた
内面にある
克服プログラムが激変していると
思われますし
そうであるように
お祈りしていますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です