吉本隆明さん大往生でも『コクリコ坂から』の戦後PTSD問題はこれから

87歳でした。
戦後最大の思想家と
書かれてます。
日本のアカデミズムにありがちな
西欧からの
借り物の学問と異なる視点から
 ―宮崎駿は
 『借りぐらしのアリエッティ』で
 この人のことも
 意識したかな?
常に
「現在」の問題を   ☚禅は今ここ
取り上げ続けた人です。
 ―ニュースや事件
 文化こそ大事です。
70年代以降
批評の対象は
心理学や宗教
古典など

幅広い領域へ拡張を続け
 ―この世界が
 あまりにひどいから
 死期が早まったかな?
 河合隼雄はASD死したしあせる
民衆の立場に寄り添う    ☚今は食い物
「大衆の原像」という思考の  ☚ユング的
立脚点は
揺るぎませんでした。
業界は
$PTSD研究家翠雨の日記崖の上のポニョの元型
お釈迦さまの時代以前からある
癒しのメカニズムについての
研究を
めちゃくちゃにしましたからね。
同じ問題意識をもつ
宮崎駿は
ポニョから始まる3部作で
 ―留学PTSDの夏目漱石に倣って
それに意義を唱え
人気を得ています。
『コクリコ坂から』は
PTSD研究家翠雨の日記
1963年の高校生が
精神的不調を起こしますが
精神科に行かず
 ―そういうおバカな発想はない時代
自力で
 ―周囲の見守りのなか
立ち向かうなか
PTSD研究家翠雨の日記
問題はピカドンに
さかのぼることを確認
 ―治療的退行
克服してゆく物語です。
福祉が充実していないのではありません。
福祉がおかしいのです。
こういうことを
思い出す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です